手帳
ここ1、2年手帳を使っていなかったけれど、そろそろ復活させようかなと思ってる。

今は手帳1つの選び方で仕事が出来るようになるモノがあるらしいが、分からない話でもない。

要はちゃんとライフ・ツールの1つに組み込める工夫でもされてるのかなとでも思う。

そもそも手帳なんてのはどれも使い道は一緒で、要は使うか使わないかだけに感じる。

手帳を持っているだけの人はいずれ携帯もしなくなるだろうし。

じゃあ何で手帳を使ってると仕事が出来るようになるか、それは第1段階ではパズルに近い感覚が作用してるんじゃないかと思う。

常に使う人の場合、スケジュールを記入していく。

スカスカなスケジュール帳ほど寂しいモノはない。

つまり何かしら予定を入れスケジュールの空白を埋めていく事が、自分のライフワークを活性化させる。

これが日々平坦な生活を変えていく。

外に出れば人との出会いは増え、元々あったパイプは太くなる。

人は会った方がメールやインターネットでコミュニケーションを取るよりも、回数に応じて関係が深まっていく事が出来るからだ。

そうなれば自ずと忙しくもなり、どうにかしようと手帳を使い時間を効率よく使えるようになってくる。

結果、人との出会いが新たな行動を作り仕事に結び付く出来事もありえたりする。

かく言う僕も役者をはじめた頃から使い始めて今では結構上手く使えるようになった。

単純にここ1、2年は使っていなかったが、最近はそこそこ忙しくもなりアタマの中で整理出来なくなってきたから使い出そうと思っている。

年々思い出と共に保存出来る1年手帳も魅力的だが、僕はポールスミスのレザーカバーの手帳を愛用している。

毎年中身だけを入れ替えて使う、皮だけに使い込めば味も愛着も増すレザーカバーはオススメ。

特にいつも携帯するツールには愛着をもてないと嫌な性格なんです(笑)





================================
<我妻純吉 魂の軌跡>

「Balletta Butterfly」
OFFICIAL WEBSITE
My Space
My Space mobile
mixi community

「Wiz/Out」
「フローズンライフ」
「アディクトの優劣感」

================================
[PR]
by junkichi-no9 | 2009-06-12 11:42 | 役者日記
<< サボリ・・・ なんとか・・・ >>