2011.06.11氷室京介GIG at TOKYO DOME
待望の日がやってきた。

この日の事を考えて、どれほど心焦らしたろう。

解散してから知った「BOOWY」には自分の未来を決定付ける魅力があった。

音楽を、ロックを、好きにさせてくれた。

e0000847_1262785.jpg


そのBOOWYのVocalであった氷室京介が震災の為、急遽自身のソロ・ライヴをチャリティ・ライヴに変更。

全曲BOOWYでやると発表。

何度も何度も、ビデオの中でしか体験できなかった事が23年の歳月を超えて観れる事になった。

ドキドキした。

e0000847_1221655.jpg


朝から雨だった天気も、現地に着く頃には止んでいた。

e0000847_1222985.jpg


そう、忘れてはならないのが震災・原発へのチャリティ・ライヴとして開催出来たという事。

e0000847_1225224.jpg


ものすごい人の行列。

一番後ろからみるとこんなカンジ。

写真はここまでなので・・・

■東日本大震災復興支援チャリティライブ
KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME
“We Are Down But Never Give Up!!”
2011年6月11日(土)公演 セットリスト

01. DREAMIN'
02. RUNAWAY TRAIN
03. BLUE VACATION
04. ROUDE OF GRAY
05. ハイウェイに乗る前に
06. BABY ACTION
07. JUSTY
08. WELCOME TO THE TWILIGHT
09. BAD FEELING
10. "16"
11. LONGER THAN FOREVER
12. MEMORY
13. B・E・L・I・E・V・E
14. 季節が君だけを変える
15. B・BLUE
16. MARIONETTE
17. PLASTIC BOMB
18. DOWN TOWN SHUFFLE
19. BEAT SWEET
20. RENDEZ-VOUS
21. ONLY YOU
22. IMAGE DOWN
<アンコール>
23. ON MY BEAT
24. ホンキー・トンキー・クレイジー
25. NO. NEW YORK

MCは25. NO. NEW YORK 前までほぼ無し。
ライブ所要時間は約2時間!!

セットリストに一切の妥協や出し惜しみ無し。

もう激アツのオンパレード、何より感動してしまった。

今まで見たどの氷室京介よりカッコ良かった。

昨年50歳を迎えられたにも関わらず、そう言わせしめるという日本を代表するロックスター。

この方の魅力は歌唱力とかそういう類のモノでは測れないと思います。

しかもMCや休憩というものは一切無しで2時間唄い続けるんですよ!?

その拘りと体力、オーラを含めた気迫がありました。

e0000847_12351.jpg


祭りの後・・・・・・。

贅沢を言わせてもらえれば、もう一回アンコールが欲しかった・・・。

それでも、ありがとうございます。

最高のモノをいただきました。

e0000847_1234199.jpg


えらい永らく久しぶりに(笑)・・・・・・携帯ストラップ付ける事にしました。

e0000847_1232845.jpg


そんで即、復習です。

e0000847_1235110.jpg


8枚組DVDです。

奇跡を体感しました、ありがとう!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2011-06-12 01:20 | 音楽
<< 思わぬ方向へ! 3ヶ月 >>