白ワインとイタ飯。
久しぶりに、以前大変お世話になった方と食事に行ってきました。

とっても可愛らしいお店。
それは最近撃沈したイタ飯屋の類のお店でした。

そして出てきたのはトラウマにさえなった白ワイン。
ははっ、「食わず嫌い」の予行練習だぜと思いつつ飲む。

…。

ん?意外にイケル!?


僕は以前、鳶職人をしていた事があって、その忘年会で何故か白ワイン・イッキというのをした事がある。

そもそもワインとはゆっくり味わって飲むものだと思っていたんだけど、カートンで次々に出てくる白ワインに次々と同僚や後輩達が倒れていった。

僕はそれを、「レッドロブスター・白ワイン戦争」と呼んだ。

勿論、僕も例外ではなくブッ倒れた。
そしてワインの悪酔いの恐ろしさを知っている…。

でも数年ぶりに口にした白ワインは思いのほかナカナカで、ビックリした。

あとは何で出来ているのかサッパリ分からん数々のイタリア料理。
うーん、意外にイケるのもあるなぁ。


その方との会話も弾み、素晴らしい夜になったので良かった!!
結構ニガテと思っていたモノでも、こうして大人になり、時間が経って食べてみると新しい発見があるものだ。
店によってはいろいろと試してみるのもいいのかもしれない。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-09 00:53 | プライベート
<< 「flying bird」ナレ... 「ピヴォ☆ガール」。 >>