練馬49ers「ポスト君ブルース」。
e0000847_2173547.jpg
今日は大好きな尊敬する先輩、女優・横沢美智加さんの舞台があるという事で行って来ました!

練馬49ersという劇団の旗揚げ公演で、なんと今後、年一回で49回公演されるそうです。

すごい、僕は78歳になっています。

絶対に生きていないだろうな、その頃のオレ・・・。

女優・横沢さんとの出会いは、2年前に共演させていただいてからのお付き合いになる。

役者としてはモチロン、人としても大変素敵な方です。

そして、美智加さんのお芝居が本当に好きですね僕は!!
今回も難しい役どころを、とても大事にお芝居されていました。

そう、美智加さんのお芝居には愛がある!と、いうか役を大切にされてるというような印象を受けます。

でも、実は年内公開予定の映画「flying bird」では叫んでいます、ものすごいパワーで。
僕はそのシーン、本気で殺されるかと思いました。
・・・怖かった・・・。

ホンモノのお芝居というのは受けるのも大変です。
結局映画も舞台もフィクションであり、その架空の設定上のキャラクターを真剣に作りこむ。
その時に魂焦がして出る気迫というか・・・それを目の前で向けられると、圧倒されます。

そして、その瞬間すごく嬉しくなるんですね。
この人とやれて良かったって。

今回の舞台、とある島にある郵便局のお話です。
生のパワーと感動、会場も鼻をすする音で一杯でした。

改めて舞台の魅力を感じられた日でしたね!
いやぁ、良かった!!

何度も言いますが、観るのは大好き!
でもきっと僕には出来ないです。
舞台役者さん、尊敬してます。
感動をありがとう!

あ~、誰かに手紙書きたくなってきた。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-06-26 02:16 | プライベート
<< 「フローズンライフ」リハーサル... 誕生日ケーキ。 >>