乾杯は鐘の音の調べ
遡る事10年前の上海でとてもお世話になった先輩が先日結婚された。
昨日は日中、式があって俺は2次会から参加させていただいた。

素敵だった・・・。
幸せのハリケーンのド真ん中にいる2人は、最高に素敵だった。

先輩は昔から光を放つ人だった。
それはもう俺なんか足元にも及ばない魅力のある人。
俺達男の憧れるような存在の人だ。
ルックス、強さ、考え、発言、有言実行。
多くを教わったなぁ。

このパーティにはいろいろな企業の方も多く出席されていて、上海留学チームの俺達の一角だけ確実に浮いていた。
まるで品位のない集団に見えた気もするけれど、これが10年前の上海でのいつもの自分達だった。
それは先輩に対する愛情であると俺は胸を張って公言する!

ああ、こんなに笑ったのは久しぶりだな、と。

10年経っても全くといっていいほど変わらないみんなとの再会、抱き合い、腹がよじれ、笑顔しかない空間。
空く事のないグラス、合言葉は相変わらずテキーラ!テキーラ!テキーラ!
ビンゴで日本酒が当たった人にたかり、その場で開封してもらい飲む。
唄う、踊る踊る、延々と続く宴。

全く変わらない俺達の友情とノリは、普段社会で生きている時に感じる窮屈さを飲み込んでいるのかもしれない。
だってみんな本当に仕事できてんのか!?ってくらいイメージが湧かないもんな。
でも会社を興すヤツもいて、店を任されているヤツもいて、父親になってるヤツもいて、みんな信じられないけれど現実を生きてるんだなぁと。

でもみんなで集まったときには何の遠慮もなくグラスを交わすんだ。
その場にはナンニモナイ、10年前の何でもない学生だった時の俺達のままで。
そのままで。
明日の事もなーんにも気にしないで。

それは現実逃避とかとはちょっと違うんだ。
誰にでもあるだろ、絶対なんてない世の中にあるハズの絶対。

とにかく最高だったんだ。

当然!みんなで再会の約束はしたさ。
だって中国語でサヨナラは”再見”だからね。

先輩の人望と仲間達との友情に乾杯。
ノブさん、マミちゃん、心よりご結婚おめでとうございます!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-02-13 01:18 | プライベート
<< 時は誰にも平等に ZERO >>