Polish Workboy
僕の友人に20歳の男の子がいる。
彼は恋愛してないと生きていけないと言う。
彼はバニラのような男になる為に日々自分磨きをしているという。
バニラな男とは…

アイスクリームを選ぶ時に女の子はバニラから始まりいろいろ食べて、そして最後には
「やっぱりバニラが一番ね!」と言うらしい。
コレは恋愛に例えられるらしく、つまりどんな恋をしても最後には
「やっぱり彼がいい」と言われる男でありたいと。
そんな男になる為にいつも自分磨きをしているというのだ。

僕は正直驚いた。
何故なら、僕は20歳の時に恋なんてモノに縁も興味も無かった。
異性より自分・・・つまりはバンドだの車だのと毎日自分のためだけにしか時間を使おうとはしなかったのだ。

彼は言う。
「僕は女みたいな性格なんですよ」と愛らしく笑う彼は、自分とは全く違うがなんかいいんじゃないかと思ってしまう。
むしろ自分のように男らしくと見栄を張って生きているよりは、よっぽど素直に、自分に正直に生きている気がしてならない。

彼は俗に言う「生意気」という今時の若者に入るんだろう。
何とかっすか?そうっすか?と、会話の中にスカスカがやたら多いし、言葉遣いもあまり知らない模様。
でも、なんかイイんだよねぇ。
自分の事をよく分かってる。

最近の若いヤツは・・・なんて周りでよく聞く言葉なんだけれど、僕はそうは思わないな。
自分達の価値観の中で見下してしまってる時点で、僕らが当時嫌悪した大人達と同じ事を言ってるんじゃないかと思う。

まあ、僕はいつまで経ってもどっちつかずのガキなんで、偉そうな事は言えないんですけどね。



生涯若手!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-05-23 23:44 | プライベート
<< Running to Horizon 都会のオアシス >>