「穢れ多き、人に非ず」
e0000847_13105283.jpg

「穢れ多き、人に非ず」
我が事務所の弟、安西良主演のインディペンデント映画です。
この映画、偶然なんですが僕の友人も多く参加していてつい先日やっと拝見させていただきました。

難しい差別問題を題材とした作品ですが、面白かったです。
なんか久々にいい映画を観たような気がします。
勿論、身内贔屓ナシで(笑)

インディペンデントだけに突っ込みどころはいろいろとあるんだろうけれど、それは実はどんなにデッカイ映画でも同じことで、主に気になるところっていうのは技術面と機材面がほとんどなんじゃないかと思う。
だって面白い映画の条件に、バジェットはあんまり関係ないとも思えるしね。

この映画は良かった。
なんといってもキャストさんの芝居が抜群にいい。

先輩役者の小野孝弘さん、友人役者の石上亮君、そして当然我が弟分・安西良。
その脇を固める役者陣にも魅入ってしまった。
全員本当に素晴らしく、あえていうなら酒井さん(「fighting spirit's」参照)という役者には、本当にいい役者を見つけてしまったなあという嬉しさがあった。
もっと観てみたいという役者欲求を掻きたてられる。

そんな役者は「中村玄悟」以来である。

観ている間中、監督のこの作品を撮らなければいけないというような、強い想いというか・・・熱量みたいなモノがすごく感じられました。

いい映画でした。
皆さんも機会があったら是非!!


<出演情報>
9月1日より渋谷UP-Linkにて「フローズンライフ」
10月より渋谷ユーロスペースにて「Wiz/Out」
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-08-02 13:20 | 映画
<< 「フローズンライフ」チケット 8月、つまりは夏突入! >>