カテゴリ:音楽( 51 )
「PUFF NOIDE」
e0000847_20272340.gif
パフノイドというバンドを知っていますか?

前身、「CREAM PUFF NOIDE」という名前で都内を中心に活動している4ピース・バンドです。

「U.K.、サイケ、オルタナ、グランジといった洋楽的なサウンドに真っ直ぐ響く日本語。

エモーショナルでいてポップ、聴く人によって様々な印象、空間を与えてくれるバンドである。」

全くそのとおりだ。

完全にシンクロした。

やる事は違っても、分かり合えるとはこういう事なんだと思った。

名曲「border」、彼らのホームページから視聴出来ます。

是非!

http://www16.ocn.ne.jp/~noide/menu.htm
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-07-04 20:34 | 音楽
「THE BACK HORN」LIVE。
e0000847_1504863.jpg
タレントの坂本愛子ちゃんに誘われて、行って来ました。

バックホーン「太陽の中の生活」ツアーファースト!

恵比寿LIQUIDROOMに!!

前々から好きではいたんだけど、ライヴに行くのは今回が初めて。

それもこれも、ファンクラブの会員でもある坂本先生のおかげです。

ありがとうございました!!
誘われでもしないとレディオヘッド以外のライヴなんて行かないもんね。
e0000847_1564650.jpg

初めてのリキッドルーム、会場は満員御礼でとってもキレイなライヴハウスでした。

是非、一度ここでやってみたいと思いましたね!
最高に気持ちいいだろうなぁ。
e0000847_20022.jpg
坂本先生、バックホーンT&リストバンドで戦闘準備OKです。

僕はと言えば、MADのTシャツで行ってしまいました。
(ま、元々同じレコード会社だったし許して)

バックホーンの魅力はエモーショナルでラウドなサウンドと、繊細なヴォーカルの声。

バンドをやっていた頃の友人バンドが仲良くて、デビュー前から知ってはいたのですが、まさかこんなに売れるとは!

でも、いい曲書くんですよね、彼ら。
そして決して上手いとは言えない演奏なんだけれど、魂に響くステージ。

音楽と芝居は似ている。
届けたい、表現したいという気持ちは同じだと思うから。

いい刺激になりました!
感謝!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-04-25 01:55 | 音楽
THE MAD CAPSULE MARKETS 活動停止!?
4月1日のエイプリルフールに衝撃的な事件が。

FUZZのH.P.から一部抜粋します。



THE MAD CAPSULE MARKETSを応援してくれているみんなに少し残念なお知らせがあります。

MADはしばらく活動を停止します。

キョーノ、カツと話し合った結果、今はMADを休もうという結論になりました。
みんなになるべく分かる様に伝えたいんだけど、僕の中では「今、MADの活動やMADの曲を作る気持ちになれない」というのが理由です。

僕が思う”THE MAD CAPSULE MARKETS”をキチンと出来ると思えた時に再開したいと思っています。

いつも応援してくれているみんなに感謝します。
昔からMADを支えてくれているみんな、ありがとう!
新しくMADを知ったみんな、ありがとう!
その時が来たらMADは必ず動き出すので、楽しみに待っていてください。

TAKESHI UEDA

http://www.themadcapsulemarkets.com/index.html



ショックで死にそうだ。
ブランキーに続いてまさかこんな不幸があっただろうか…。

でも僕は信じています。

奇跡の復活を。

あー、また風邪こじらせそう…。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-04-01 01:11 | 音楽
「used knowledge」2005 TOUR FINAL in 下北沢club251
e0000847_181515.jpg
ミーティングも終わり、下北沢に友人の「ユーズドノーリッヂ」のツアーファイナル・ワンマンライヴが下北沢251で決まって観に行きました!

オープンまで待っていたのですが…
そしたらね、元「ブランキージェットシティ」のベンジーこと浅井健一さんと、元「アナーキー」の中野さんに会いました!
アリエナイ、アリエナイヽ(゜▽、゜)ノ

僕の憧れ第2弾達成!
マッドのクレイに続き、ブランキーのベンジー!
もうこの日本で会いたい神はいない。
次はイギリス行くかぁ~!

それはさて置き、いよいよ初ワンマンおめでとう!
開始前のリハ後、メンバーを呼び出しちゃいました。
e0000847_1113545.jpg

彼は「ユーズドノーリッヂ」のドラマーの赤澤大輔君。
あんまりアホな顔していたんで、「みんな見るよ」と脅したらカッコつけました!
彼とはもう随分長い付き合いになる。

本当にパワーと色気のある太鼓を叩く。
そして機械も強い。
中村達也さんのようなイメージのドラミングだ。
最高にカッコイイ!!

「used knowledge」2005 TOUR FINAL in 下北沢club251
セットリスト
1, TRANCE MISSION
2, This Ain't A Lovesong
3, Acorn
4, itch
5, Soul Music
6, 4:50
7, アオイスイセイ
8, 日陰
9, come around
10, 月の裏側
11, 夜明け前
12, STRIKE
un1, 新曲
un2, Slow

いいライヴだった。
もう本当にプロとしての風格を持ち始めている。
初期から知っているだけに、その変化は身体で体感してきた。

それだけに厳しく言うと、95点でしたね。
なんだろう、いろんな意味で若返った。
それはノリだったり、グルーヴだったり。
曲によっては、もっと心に届けて欲しかったなぁ、なんて!
贅沢かっ!?

でも、内3曲はトリハダ立った!!!!
シビレタよ。
今、世の中にいるバンドで必ず僕がライヴに行くのは「レディオヘッド」と「ユーズド」だけ。
(極端過ぎたかな!?)
それだけ大好きで、最高にカッコイイんだよね。

これからも活躍期待してますぜぃ!!

みなさんも是非!
e0000847_1424820.jpg

あ、ちなみに今日、買いそびれてた新譜買いました。
ステッカーとプロモDVDもついててお得だった。
そうそう、なんかi-PODでダウンロードと携帯で着うたできるみたいです。
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-11-14 01:27 | 音楽
トム・ヨークの誕生日。
e0000847_21311518.jpg
今日、10月7日はレディオヘッドのギター・ヴォーカル、トム・ヨークの誕生日だ。

世界中、彼に影響を受けた人は大勢いると思う。

僕も何度となく彼の声と才能に救われている。

僕には超えられない壁の向こうにいる人で、最も尊敬しているアーティストの一人です。


チャンネル4が行なった<偉大なアルバム・トップ100>投票で、僕の大好きな「AIR BAG」も収録されている『OK Computer』がトップに選ばれました。
これは40万人近くの視聴者が投票した結果だそうです。
5年前に似たような調査が行なわれたときは、ビートルズの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』が1位でした。

おめでとうございます!


フルネーム:THOMAS EDWARD YORKE
レディオヘッドのソングライティングの中心人物。
繊細でアーティスティックな反面、現実社会への強烈なアンチテーゼを持っており、社会問題、特に人権擁護問題には多大な関心を寄せている。
エクセター大学時代には英文学とアートを専攻。
ステージ上でのシンガー、表現者としてのカリスマ性は圧倒的。
世界中のミュージシャンからリスペクトを受けているレディオヘッドだが、日本でもトム・ヨークを尊敬するアーティストは多い。


目を閉じて微笑むように唄を唄うトム。

空気にそっと声を乗せるように唄うトムの姿は感動を与えてくれる。

生まれてきてくれてありがとう。

音楽と出会ってくれてありがとう。

日本に来てくれてありがとう。


そしていよいよ…
バンドのニュー・アルバムは来年、完成する予定!
との事です!!


今から楽しみでしょうがないです!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-07 21:38 | 音楽
「LONDON CALLING」
e0000847_10277.gif
伝説とは、名曲とは…。
それはザ・クラッシュの「ロンドン・コーリング」である!

当時この曲を聴いたとき、背筋は凍りつき歓喜に震えた。
もうこの曲を凌ぐ名曲はこの先、生まれないんじゃないかと真剣に思った。
偉大だったジョーストラマーのテレキャスター。
やっぱサイコーですね。

ホント僕は毎回ちゃんとレビューできてないな…。
どんだけ好きかしか言えません。
だって音を説明するなんて!!
もう聴いちゃって下さい、はい。

僕のお気に入りで、ラウンジリザードからジョーの追悼記念T-シャツがある。
とても気分のいい時には着てる。

「ホワイト・ライオット」、「トミー・ガン」。
いい曲はありすぎて困るけれど、僕はやっぱりこの曲。
U.K.パンクの雄、ザ・クラッシュのロンドン・コーリング。
これで決まり!!!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-08-13 01:08 | 音楽
「RANCID」
e0000847_1481036.jpg
西海岸パンクの雄、我等がランシド!
カッコイイ。
このバンドはもう最高。
何も言う事はない!あまりにも有名ですよね。

もともとは「OPERATION IVY」でスカパンクをやっていた、レフトハンドギター侍のティムとブリブリベーシストのマットが作った西海岸、いやアメリカ代表バンド。
名曲の数々、僕らのある青春の形。
とりあえず、夏はランシドで決まり!!

黒いコート、白い靴、黒い帽子、キャデラック、イェー!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-06-29 01:50 | 音楽
「BLANKEY JET CITY」
e0000847_2575934.jpg
e0000847_259471.jpg

MADに並んで昔から大好きな
「ブランキージェットシティー」。
ベンジー(ヴォーカルの浅井健一)の繊細な声とギター。
彼の詩と絵の世界観はブッ飛んでます。
ベンジーの絵本は将来こどもが出来たら必ず見せます。

D.I.J.のピストル、RAIN DOG、冬とセーター、悪いひとたち。
いやもう、いい曲はキリがないので全部聴いて下さい。

昔は、MADとBLANKEYは仲良しで一緒にインタビューとかしてましたね。
その時から好きで、音楽数珠繋ぎしてます。

ここ何年、解散という悲しい現実から目を逸らしてきましたが、もうやめます。
彼らの伝説の音はCDとなり僕の部屋で流れているのですから!
何度聴いても飽きないのは、MADとBLANKEYくらいですね。

紅いギターと真実を僕は見た。
メロンソーダとチリドッグ、そいつがあれば生きていける。

きっと可愛い女の子だから。
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-06-23 02:48 | 音楽
「THE MAD CAPSULE MARKETS」
e0000847_13888.jpg

一番好きなバンド。
10年以上も好きであり続ける事ができた。
バンドを始めたキッカケになった。

高校の時、白いベースを買った。
MADの曲をひたすら弾いてた。
ほとんど弾ける。
赤い長髪に黒いニットキャップ被ってた。
裸にオーバーオール着てライヴした。
暴れてコケた。

2年前、TAKESHIさんに会った。
震えた。
握手してもらった。
忘れない。
サインももらった。
宝物だ。

たぶんこの先も一生好き。
だって僕の青春はMADだったから!
e0000847_110567.jpg
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-06-21 01:21 | 音楽
ウェスが帰ってきた!!
e0000847_21473772.jpg
最近のニュースでかなり嬉しかったのが、あのリンプビズキットを3年前に脱退したギタリストのウェス・ボーランドがリンプに帰ってきたことだ。

ウェスは僕の大好きなギタリストの一人で、足元に羅列しセッティングされた数々のエフェクターを駆使した彼の音作りには毎回感動させられる。
前回のアルバムで脱退を聞いてすごく残念だっただけにこれはもう相当に嬉しい。
しかも今回のウェスはかなり怒っている。
いつもの繊細なサウンドではなく、ギターという名の刀で一刀両断している。

彼のうなるディストーションは、車でも単車でも疲れたときでも、僕をいつも奮い立たせてくれるんだ。
おかえりウェス!
e0000847_21483219.jpg
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-06-15 21:39 | 音楽