<   2005年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧
感謝、Gun shot。
e0000847_141265.jpg

車って結構早いんですね。
重い瞼を持ち上げ、東京を東から西へ、ヒタ走る。

この日は映画「蜻蛉日記」の撮影最終日だった。
遅れてきた僕を笑顔で迎えてくれたスタッフの皆様、本当にすみませんでした。
必ず芝居で返します。
すぐにスイッチ、役者モード!

幸い、順調に撮影は進んでいく。
ただ一つだけ言わせてもらえると…

スッゲー長台詞だったんだぞ、飛行機と電車のバカヤローッ…。

今回、監督と役のイメージの共有が出来た気がする。
岡監督は役者としてもイケル人だ。
演出に関しても実際に自分でやってしまう。
それがまた上手なんだ。
他のキャストさんもおおいに助かったに違いない。

この撮影は7月末から、約3ヶ月にも及んだ。
季節は夏から秋へと、今考えると随分永い間みんなといた気がする。

監督の岡さんは素晴らしい才能を頭の中に持っている人だ。
そういったイメージを実際の画に撮る事は本当に難しい。
その為、スタッフ全員でこの3ヶ月ガムシャラにやってきた。

怪我人は出る、天候には嫌われる、キャストさんは入院する、本当にいろんな事があった。
ありとあらゆる過酷な状況で、よく撮りきれたなとつくづく思ってしまう。
でもそれでもこうやって今日という日を迎えられた事が何より嬉しい。

この3ヶ月で僕達はいろいろと成長できた。
きっと忘れないよ!
e0000847_0375376.jpg

それにしてもヤバイ顔になってるな、僕…。
落ちる寸前だね。

今日もスタッフ全員揃う事はできなかったけど、打ち上げでみんな会おうね。
立派なお花、ありがとう!
本当にみなさん、お疲れ様でした。

僕ができる事はここまでだけど、きっとこの作品を素晴らしいものにしてくれるでしょう。
なんと言っても、岡監督とこのスタッフだから!!
完成楽しみにしています。
また何か一緒にやりましょうね!!

なんかこうやって一個一個撮影が終わると、嬉しいと同時にすごく切なくなる。
その時は辛かったり、苦しかったりするんだけれど。
でも最高の思い出になって、また一つ映画という作品になって残っていく。

それが役者を辞められない一つの原因なんですよね!
幸せな今に、乱れ打ち、感謝、Gun shot!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-31 00:32 | 役者日記
仮眠グアウト。
e0000847_23553195.jpg
そしてこの日は舞台鑑賞の後、新しいプロジェクトの為にFIPのオフィスへ行く。
エレクトロワークスこと、サウンド・ディレクターの新村さんと会うためだ。
事務所に着くと嬉しい事にプロデューサーの森さんがいた。

「WIZ/OUT」の撮影が終わり、なかなかこのメンバーに会える機会というのも少ない。
まあ、この前テキーラで魂を削りあったばかりなんだけれども!

しかし熱を帯びた身体の森さんをあまり引き止めるのもいけない。
なので麻布で有名な「カオタンラーメン」を3人で食べに行った。

僕は横浜の醤油豚骨が好きなので、あまり他所のラーメンは食さない事にしているんだけど、ここの醤油ラーメンは美味しかった!
スープが椎茸の味がする。
3人でまたもやワイワイ騒ぐ。
盛り上がって帰れない森さん。
ワイワイワイワイ。

結論!
森プロデューサーは極悪非道。

なんとか話をフィニッシュにもっていって森さんを渋谷まで送る。
また遊んで下さいねぇ~!!
あの人はきっと愛から産まれたんだと再認識。
極悪非道だけど。
e0000847_044868.jpg

そして新村さんとオフィスに戻り、いよいよ動き出す。
いろいろな実験をしながら楽しく時間は過ぎてゆく。
明日は二人とも仕事なのに、気にせず時間は無常にも流れてゆく。
深夜、満足のいく結果になった。
これは始まりであって、まだまだこれから続いていくのだけれど、きっと最高の仕上がりになるだろう。
この人とだったら何でも出来る気がした。

新村さんは幼少よりアメリカ住在の帰国子女で英語がペラペラだ。
何分、日本で育ったワケではないので不憫な事も多くあったのではないかと思ったが、この人にはそんな小さな事は全く関係ないようだ。
いろんなお話を聞かせていただいた。

結果、新村先生、アナタ最高!
新村さんに出逢えた事は、僕にとって宝ですな。

この人のヒューマニズムはやはり日本人のソレとは違っていたが、リスペクトする部分がいっぱいあった。
どうしたらこんな風に生きれるのだろう。
そして同調する部分もあって意気投合して仮眠を取る事に。
爽快な気分で深い眠りへ…。

仮眠のつもりが、現実からカミング・アウトしてしまった。

「沢村君、時間やばいんじゃないの?」
時計を見ると9時…。
間もなく撮影が…。

光の速さで車を転がす。

僕の現実はまだまだ続く…。
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-31 00:06 | 役者日記
エンターテインメント。
e0000847_2391750.jpg
昨日はクラーク記念国際高校の秋公演の舞台を観に行った。
クラーク高校はパフォーマンス科といって、役者を勉強できるコースもある高校だ。
今回は在学生の佐々木喜英君の招待で行ってきたのだけれど、僕自身お誘いがなくとも行く気満々だった。
それは昨年の公演も観に行って、エラく感動したからだった。
しかも今回は彼が主役、これは楽しみでしょうがない!

彼との出会いは、これまた僕の初主演映画「緑の光」だった。
他にも磯崎義知君、塩坪和馬君も一緒に出演していて彼らのリアルな芝居は印象に残っている。
その将来有望なイケメン高校生俳優が3人並んでメインのこの舞台。
この舞台の参加人数は多く、決してメインを取るのは容易ではない。
それでも毎回勝ち取るのだから、彼らの魅力には圧倒させられる。

彼らは普段はとても気持ちのいい、高校生の見本のような爽やかな少年だ。
けど一度芝居に入ると、目つき、顔つき、声までもが変わり生き生きと演じる役者になる。

今回の舞台は海賊・アドベンチャー・ミュージカルという設定で、歌あり、踊りありのエンターテインメントだった。

3ヶ月の厳しい練習を乗り越えての舞台。
声を枯らせて叫び、汗を滝のように流して踊る。
必死で頑張る彼らの芝居からは、いろいろな想いががビンビン伝わってくる。
徹底的に作りこんだキャラクターと身体、腹筋はみんなクッキリ8つに割れている。
こだわったアクション、ダンス、仕掛け、音楽。
僕は舞台鑑賞が好きなのでよく観に行くのだが、これほどまでに爽快で気持ちのいい舞台もそんなに多くはない。

そして何よりも好きなのは笑顔だ。
彼らはみんな公演が終わると最高の笑顔で観客にお礼を言う。
そしてすぐに袖にはける。
帰ろうとすると出口までの螺旋階段で脇に並び、お客さんをお見送りする。
汗だくで泣きながら、ありがとうございました、ありがとうございましたって。
50人からなるメンバー1人1人にお礼を言われるのは正直照れる。
でも本当に、観に来てくれてありがとうという気持ちが伝わってくる。

出口付近に近づくとメインの3人がいた。
握手をしながら良かったよと言うと、さっきまでの役者ではない爽やかな高校生に戻った3人がまた僕に精一杯の泣きそうな笑顔でお礼を言う。
佐々木君とハグをしたら、汗でベタベタだった(笑)

そして僕は会場から出ると、また去年のように「ありがとう」と心の中で思う。

たった今もメールが来た。

「昨日はご来場頂きまして本当にありがとうございました(+^-^+)
今日、無事に千秋楽を迎えることができました☆最高の三日間でした(+⌒∇⌒/)」

僕は彼らの舞台を観ると初心に戻れる。
忘れてはいけないモノ、大切にしなければいけない気持ち。
絶対になくしたくはない、いつまで経っても。

だから本当にこっちが「ありがとう」なんだよ!
みんなお疲れ様でした。
最高だったよ!!

僕と10も離れたこの優秀な役者達がこれから確実にライバルとなっていく。
負けていられないよ、ホントに。
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-30 23:15 | プライベート
赤い車の運命を知った。
e0000847_7124834.jpg
今日は映画「Honesty」の撮影でした。

相手役をしていただいた、俳優、河野智典さんとの絡みです。
前回のMARUさんに続き今回も電流が走りました。
すごいパワーとオーラだった。
その場の空気が完全に変わった。
これがホンモノの力だと思った。

勿論、キャリアも実力もある俳優さんなので当たり前なのかもしれないが、この方は本当に芝居とか役者って事が好きなんだろうなと、思った。
久々に爽快な人だった。
何て言うんだろう?
打算より、ソレ。みたいな。
すごくピュアなオーラだった。
芝居は怖かったけど。
ものすごく怖かったけど。
オフでは天使の笑顔でした。

熱い刺激の多い、撮影だった。
e0000847_7275745.jpg

今回僕は運命を知った車がいた。
あえて写真は撮らなかったこの車は、今回の撮影で壊されてしまう車。
その為に買われた、赤いユーノス・ロードスター(オープン)。
今はこんなに主演の二人を乗せて軽快に走っているのに、来月にはストーリー上、壊されてしまう。
ありがとう、ユーノス。
君の死は無駄にはしない。
この映画は、きっといい作品になるよ。

深夜にまで続いた撮影も無事、終了。

僕は一足先にオールアップ。

牧田監督、そして大勢のスタッフの皆さん、ありがとうございました。
僕には全く出来すぎた現場で、とても気持ち良かったです。

牧田組サイコー!

また何か一緒にできればいいなと思います!
残りの撮影、頑張って下さい。
次は、打ち上げで会いましょー!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-29 07:26 | 役者日記
チクシテツヤ。
今週は「日本人と愛国心」というテーマで4回に渡りテレビで特集を組まれていた。

愛国心。

「僕は日本人なのですが人に聞かれると、どうしても日本が好きとハッキリ答えられないんです。僕はいったい日本の何処が好きなんだろう?」

番組に寄せられたあるコメントなのですが。
僕も以前同じ事を考えた時があった。

僕は8年前、上海に2年程留学していた事があります。
当時、日本人もさほど多くはなく、いろいろな国の人達と交流する機会が多くありました。
中国、韓国、アメリカ、ロシア、フランス、アフリカ、イギリス、フランス、ドイツ、アジア各地等…から来た留学生達。
その誰もが多く愛国心を持っていまして、時には熱く口論になる事もありました。
必ず仲裁に入るのは日本人の僕達だった。

国を隔てた者同士が初めて言葉を交わす時、必ずと言っていいほど自国の話になる。
自国の歴史を良く理解し、各々の意見を持った人間と語らう時、自分の国の事を全然分かってない事にひどく恥ずかしかった事を覚えている。

彼らはそれに誇りを持って生きているからだった。

あらゆる文化の違いがあって、それは国の思想や宗教など。
タブーもあり、それを知った上で語り合えない人達もいて驚いた。

昔からロクに勉強もしなかった高校生が渡った海の向こうはすごくリアルだった。
世界の歴史に興味を持ったのもその時からで、今まで何も知らずに同じ時を過ごし、何故か裕福にその場にいる事。
自分の事ながら、日本人として本当に日本の教育は正しかったのかと考えてしまった。
こんなヤツを世界に出していいのか日本!?て。

日本の好きな部分?自分=日本?
当時の僕は、
自分のバンドが馬鹿にされる=怒る。
自分の単車が馬鹿にされる=怒る。
日本が馬鹿にされる=……。
………。
まぁ、でもこれには個人差があると思いますけど…。


近年、ワールドカップから始まったと言われている「プチ・ナショナリズム」と言われるモノが、ここ何年かで形を変えてきているようだ。

それだけ自国への意識と関心が増えてきているワケで、ある意味理想な形に近づいているのかもしれない、だけど…。
最近場所を選ばずいろいろなところで議論を良く見かける。
それを見ていると議論というよりは非難や挑発などもすごく多い。
知識は必要な物だと思う。
だけど、それでもそういった場所で返す言葉はもっとたくさんあると思う。
いくらでもネガティヴに考える事はできる。
でもここは人と人が住む世界なわけだから。

筑紫哲也さんは言っていました。
逃げ込む事に愛国心を使うのはいけない。
この人の言葉は重い。

でも筑紫さんだってこの先何百年も生きていてくれるワケじゃない。
僕等の若い世代が頑張っていかねば。

僕はこの日本を、世界を、より良く変えていってくれるだろう人を何人か知っている。
真剣に今を考えている人達。
僕も役者というものを通して、何か出来る事はあるのだろうか?
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-27 23:57 | プライベート
リスペクト。
e0000847_181011.jpg
実は最近、すごく大事にしていたネックレスを失くしてしまった。
これはある大切な友人とお揃いの「ラウンジリザード」のネックレスだった。
それを失くしてしまった。
アクセが大好きな僕の胸元はとてつもなく寂しかった…。

今日、相棒と代官山のいつものカフェに行った。
それを知った彼は餞別だと言って「クロムハーツ」のトップをくれた。
すっごく嬉しい。
これ、大事にするね!
チェーンは太いのを付けてくれた。
うん、これはカッコイイ。
やった!!
e0000847_1132118.jpg

今日は体調も優れなかったので、お茶にしました。
決明子(ジエミンヅ)という中国茶。
目にもいいらしく、ほんのり甘いお茶。
おいしかったね!

今日は友人の俳優、中村玄悟君の誕生日という事もあって渋谷でご飯を食べました。
彼とはもう1年の付き合いなんだけど、もっとずっと昔から知っているような気がする。
e0000847_1194143.jpg
もともと某プロダクションのお笑い芸人だった彼は、俳優になってもそのアクの強さと強烈なインパクトの芝居で今も活動している。
以前、映画「flying bird」という作品で2トップさせていただいた。
この彼、相当なヘンタイである。
紛れもない本物のヘンタイ。
けど、とっても頭のいいヘンタイ。
彼の芝居はキレがあり、理に適っていてリアルだ。

僕がこれまでに知り合った役者の中で1番がつく。
同い年の役者にこれほどまでに嫉妬を感じた事はない。
悔しいくらいイイ。
人間としてではなく、役者として尊敬している(笑)。
人科のオスとしてではなく、俳優としてリスペクトだ(激笑)。

次回2トップする事があった時に、僕は彼に値する役者になっていたい。
約束する。

何はともあれ、玄悟、28歳おめでとう!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-27 01:13 | プライベート
神風。
「WINDS OF GOD」
俳優の今井雅之さん原作のお話。
戦時中に現代の若手お笑い芸人がタイムスリップしてしまうという話です。
彼らが目を覚ますと、終戦直前の特攻隊員になっている。

神風特攻隊。

片道だけの燃料を当時「零式」という世界最軽量の新型戦闘機に積んで、敵艦に自爆特攻するという。
戦時中のアメリカ兵は、なんてクレイジーなんだ。と、思ったそうです。

当然ですよね。
自分の命を犠牲にして突っ込んで行く。
相手からみると、こんなに恐ろしい事はない。

このお話は、未来から過去へ行った2人のお話なので、彼らは間もなく戦争が終わる事を知っています。

8月15日。

でも彼らはその時を待たずして特攻するのです。
これだけ聞くとバカなと思うかもしれないですが、誰が彼らを笑えるでしょう?
それは実際に観て、読んで欲しいですね。


自分の命を犠牲にしてまでも特攻する理由。
それは守りたいものがあるからと。

「あなたの為に死んでもいいですか?」
「ずっとあなたを愛していいですか?」
「変だ、お別れなのに何でこんなに心穏やかで満たされているんだろう」


明日、死ぬという事が怖い。

「愛する人達が目の前で殺されていくのを指をくわえて黙って見ているのか」
「命張って助けるのが人間なんじゃないかって」
「だから俺は志願した」
「互いに恨むならこういう時代に生まれた事を恨もうって」
「男ならそれでいいんじゃないかって」


これは実際に60年前に本当にあった歴史で、全てが作り話じゃないんですよね。
本当にこういう言葉が交わされる時代があったんだと。
そしてそれは決して遠い昔の、全く関係ない話なんかじゃないんですよね。

時代は変わっても2度と同じ過ちを犯さないように、忘れないように、心に刻みたいです。
とてもいい作品です。
今度は映画化ですね。

僕等は今の時代、戦闘機で特攻する事は出来ないし、そんな事は言わない。
だけど、そういった魂を持って生きる事はできるんじゃないかなと思う。
男に生まれたからには、冒険して生きてみたい。
出来ないと思う事をやってみよう。

特攻する人にはきっと神風が吹くと思うから。
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-26 01:39 | 映画
快晴リセット。
今日は久々に快晴で、気分は…

…眠い…。

でもナンダカンダでツーリング気分でとあるオーディション会場へ!

と、行きしなに後ろからぶつけられました…。
たいしたケガはなく良かった!
と思っていたら、そのバイクは一目散逃げて行った…。

おいおい!
とりあえずたいした事もなかったので、その場で一服。
時間もあまりないので、オーディションに向けて深呼吸。
うーん、どうしたものか?
何故か寂しい…。
でも快晴だし、気分をリセッツっ!!

皆さん、世の中の道路はとっても危険、気をつけましょう。

そして肝心のオーディションは…。

一応、平静ではいられました。
良かった、良かった。


関係ないんだけど、今日久々にテレビを付けていると、あるフレーズが耳に流れ込んできた。

「画家は絵を描く時、周りの評価は気にしない」

そうでなければいけない時と、その逆もあるとは思う。
でも何が正しいのか分からない不安定なこの世界で、必要な一つではあると思った。
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-25 00:51 | 役者日記
もう一ヶ月!?
e0000847_16341712.jpg
今日は「WIZ/OUT」で共演した三箇君の舞台を下北沢までみんなで観に行きました。
久々のみんなとの再会、あれからもう一ヶ月経っているんだ。
早いなぁ~。
園田監督は熱と風邪で倒れそうになりながらも参加!
この人の愛は海よりも深い。
忘れたくないですね、こういう人の想いを。

鑑賞後、一旦みんなでご飯を食べて一時解散。
この後は、原田佳奈さんの作品を上映している映画際に行く予定でした。
その前に時間があったので、高橋ヒロキ君とディレクターの渡辺さんと三好さんと4人でゲーセンバトル!!
フフッ、ヒロキ君、口ほどにもないっ!

渡辺さんと別れて、映画際のある赤坂付近でお茶をしました。
そこはピッツァがメインのお店なんですが、カフェも美味しかったです。

プロデューサーの森さんとも会場で合流。
そしていよいよ僕の役者仲間である目加田君と原田さんの「キッチンタイマー」を観る。
うん、とっても良かった!
初々しさの中にもちゃんとした考えがあってのお芝居でしたね。
二人とも2年前の映画なのに全く違和感なく楽しめました。
流石!!
e0000847_16434922.jpg
この後、場所を六本木へ変えて飲みに行きました。
今日は飲み2連チャンという事もあって、初めから飲んだね~。
みんなも止まらなかったねー!
話の方向はエライ事になってしまってたけど、みんなの側面が良く見えた発見の日でしたな。
この、現場ではないお酒のある空気というのは人間を裸にするのかしら?
みんな自分の喋った事覚えてる~???
アハハ、何故かこの後テキーラをショットでゲームも始まり閉店するまで飲みました。
ショットがズラリと並んだテーブルは凄惨な光景だったね。
全部で24個もあったんだよ。
まぁ美味かったけど!!
e0000847_16543027.jpg

三好さんと二人で始発を待つ間、またお茶をする。
なんか僕等、いつもこんなんですね!
今日は何回お店入ったんだろ?

今日はオーディションだ!
ヤバイ、早く寝よう、寝よう!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-24 16:41 | プライベート
久々の集合。
e0000847_131958.jpg

なかなか集まれないメンバーで今日は集まれた。

どれくらいぶりだろ、このメンツ。
誰かのお祝いでくらいしかこうは集まれないよね。

みんなどんどん変わっていく環境の中、大切にしたい物だけは変わらず持ち合わせていたいですね。

フィールドは違うけど、頑張っていこうね!
またいつか。
[PR]
by junkichi-no9 | 2005-10-23 01:07 | プライベート