<   2006年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
usedknowledgeドラマー赤澤,脱退。
僕の大好きなバンド「usedknowledge」。

このバンドのブレインでもあり、素晴らしいドラマーである赤澤大輔君が脱退を自身の公式ホームページで発表した。

僕がただ言えるのは彼は最高のミュージシャンであり、人格者であったということ。

そしていちファンとしても、これほどまでに辛いことはない。

彼ほどの才能をいつまでも放っておいた日本の音楽業界に腹が立つぐらい!

その才能を惜しみなく発揮してきた彼の最も愛するバンド、ユーズドノーリッジ。

本人の意思に沿って、いつまでもファンでい続けたいと想う。

これは自分で決めた事で、きっと新しい門出であると思っています。

グレッチのスネアのダイスケ
レディオヘッドが好きなダイスケ
空手家のダイスケ
格闘技、サッカー好きなダイスケ
タモリが好きなダイスケ
深夜番組が好きなダイスケ
天井の高い場所が好きなダイスケ
高杉晋作が好きなダイスケ
初秋の匂いが好きなダイスケ
スニーカーマニアのダイスケ
熱いシャワーが好きなダイスケ
例え上手なダイスケ
猪木の真似が上手いダイスケ
木曜日をゴングデーと呼ぶダイスケ
ユニクロで揃いのスウェットを買っていたダイスケ
僕等のバンドをサポートしてくれたダイスケ
優しい、楽しい、愛の戦士ダイスケ

ちなみに僕は彼と付き合っていたワケではありません(笑)。


そんな彼に心からお礼を言いたい。

そして大阪に帰っても、ずっと音楽を続けていって欲しいと願います。

まだ終わりじゃないけど、ダイスケ、お疲れ様でした。

そしてありがとう!!

usedknowledge Official site
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-30 17:44 | プライベート
この手に掴むモノ。
e0000847_1335630.jpg
今日はある映画のオーディションでした。

何度も悩まされた日々は今日で終る。

それは期待からなる大きなモノだった。

掴み取らなければと、魂が言っていた。

そして今日その全ては神に委ねられ、僕の戦いは終った。

審判を待つ。

まるで死刑囚のような気分だ。

その後、僕の尊敬する俳優の渡部さん、片山君とカフェをする。
e0000847_137714.jpg

この2人は僕の役者人生に大きな影響を与えてくれた人達だ。

感謝はしても、し足りないぐらい。

e0000847_1391454.jpg

しかも色男である。
それは芝居にも出ている。
ずっと目標であり、先輩であり、仲間であり、ライバルでありたいと思っています。

ちなみに、この日3人が黒い服だったのは全くの偶然である。


その後は、来月の3日からクランクインする映画の打ち合わせに。
e0000847_1425920.jpg

監督と役柄について話し合う。
問題は全て解決した。
あとは最高のモチベーションでその時を待つだけだ!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-30 01:35 | 役者日記
独りでに歩き出す子供たち。
e0000847_14385396.jpg
昨日はメンバー4人でのスタジオ。

いよいよ新曲のアレンジの段階に入る。

音楽の面白さの山場だ。

自分の中から生まれたイメージの4割をメンバーに渡す。

実際にプレイしてみる。

仮の唄入れをする。

みんなの中でイメージの輪郭がハッキリしてくる。

ここまで来ると、もうこの曲は僕の手を離れる。

メンバーの手によって進化していく。
この時が最高に嬉しい。
まるで独り立ちしていく、我が子のようだ。
e0000847_1444079.jpg

ドラムのケイゾーがアイディアを打ち出す。
ベースのケイが全体を見て考える。
ギターのユースケが更に飾りを増やす。

ここまで行くともう僕のモノではなく、4人のモノになる。

そしてライヴをした時にみんなのモノにもなるんだ。

やばい、アドレナリンが止まらない!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-29 14:42 | 趣味
五つ星。
昨日はある方とお会いした。

僕はその打ち合わせの後、スタジオ入りする予定だったのでスタジャンを羽織って出発した。
そして現地に到着して連絡してみると…。

「シェラトンの2階のラウンジにいます。」

な、何っ!
シェラトンホテルといえば、あの五つ星ホテルの!?

9年前、上海でも行ったあの下界と貴族界を隔てる建物の敷地内にこのカッコで…。

ジーザス。






でも、最近そうゆうのってあんましないのね。
モウマンタイでした。
コーヒー旨い。






あ、肝心のお話の方は…未来は明るいという事です!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-29 14:05 | プライベート
スチール撮影、衣装打ち合わせ。
e0000847_2201188.jpg
今日は次回のスチール撮影の衣装提供をしていただく

「GROWTH」さんへ打ち合わせの為、お邪魔してきました。

行きしな、木村拓哉さんを見かける。

う~ん、やはりカッコ良くてセクシーな人です。

以前現場でお会いした時はトナカイの気ぐるみを着ていた。

それでもカッコイイのは何故なんでしょうか!?

プレスの下田さんと打ち合わせをする。
魅力のアイテムの数々、僕は気に入ってしまいました!

まあ、実際に衣装の組み合わせはスタイリストさんに決めてもらうので何とも言えないが、いい撮影になる事は間違いないと思いましたね。
e0000847_2281567.jpg

下田さんと随分長い時間語り合いました。
洋服の事、業界の事、自分達のライフスタイルについて。

まるでインタビューのような空気でしたね。
レコーダー回しておけば良かった、もったいなかったなぁ。

これからまた長い付き合いになりそうです!!
来月の撮影が待ち遠しくなってきました。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-28 02:25 | プライベート
今を生きる。
今は何よりも時間が惜しい。

やらなければいけない事が多すぎる。

こんな理不尽な世の中で、時間だけは誰にでも平等に流れる。

だから言い訳は出来ない。

昔、大人は出来ない事に理由をつけたがると思ってた。

最近、身の回りでよく新たな命が生まれていて自分は大人になった事を実感する。

その子たちが少年になった時に誇れる今の自分でありたいと思う。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-27 01:33 | プライベート
スチール撮影、打ち合わせ。
今日は僕のH.P.の企画でカメラマンをしていただく事になりました、

フォトグラファーの森崎純子さんと打ち合わせに行ってきました!
e0000847_0121067.jpg

いつか撮ってもらいたいと思っていたカメラマン、まさかこんなに早く撮ってもらえる事になるなんて!

嬉しいです、本当に。

森崎さんはファッション誌をはじめ、幅広く活躍されているカメラマンさんなのです。
ある人曰く、すごく自然体でナチュラルな、雰囲気がとってもいい写真を撮る。
と言われてました。

それは勿論ですが、僕は森崎さんの人物ではない写真も大好きなんですね!
以前いただいた動物の「獏」の写真、とっても素敵なんです。

今回はいつもとまた違った雰囲気が出せればいいなと思います。
楽しみにしていて下さいね!!

何より僕が一番楽しみです。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-26 00:13 | プライベート
胎動。
久しぶりに家に帰ってこれた感じだ。

今日、ある方とお話した。

いよいよ動き出す。

一つ一つ形にしていく。

夢なんて語るだけでは幻のようなモノだ。

でもその夢を現実にできるのは自分だけなんだ。

僕が今、生きているのは夢の世界ではない。

実際に存在している、銀河系地球の日本という島国の西暦2006年という時間の中にいる。

だったらこの中で空想をリアルにしてやる。

こんな大それた話に聞こえるけど、実際その一歩なんて下町のカフェなんかから始まるのかもしれないよ。

たった一本の電話かもね。

あはははは。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-24 23:58 | プライベート
「STRAY BIRDS」特殊メイク。
e0000847_0515720.jpg
役作りの為に身体を絞って早1ヶ月。

アバラが浮き出てくるまでになった。

刺し傷の特殊メイクが余計に映えます。

僕はくすぐりに弱い。

もう激弱です。

まな板の上の鯉の気持ちが分かりました。

耐えられない…ヽ(゜▽、゜)ノ
e0000847_23474163.jpg

ぎゃははははははは…

……


………



…………失神。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-24 00:51 | 役者日記
「Ohonz!」撮影3回目。
e0000847_14191379.jpg
3回目となったこの撮影。

今回は前回別の作品でご一緒させてもらった俳優、廣瀬さんと一緒だった。

高いモチベーションの芝居に大爆笑と納得の絡み合う気分だった。

この現場の特徴に出演者の多さがある。

しかもほぼ全員メインキャスト‥だと思う。

それぞれみんな個性的で面白い。

そして何より今回、強く感じたのは各キャラクターの役割という部分だ。
e0000847_23423348.jpg

僕は主役だけが羨ましいとは思ってないけど、みんなそれぞれのポジションを苦も無く考えこなしている‥と、思った。

名優と言われる人に脇役も多いように、作品にはルックスがいいカッコイイだけの役者だけではつまらない。

現場で面白いのは、2枚目にカッコイイキャラクターでそれなりの芝居をしている人と、飛び道具乱れ撃ち、まったくのコメディーキャラが同じモチベーションでやっているという事。

今回で言うと、モテまくりのトッポイお兄さんのセンチなシーン、片やオカマだのオタクだのと芝居の質が入り混じっていて、シーンによっては本当に同じ作品なのか?と、思ってしまう。
e0000847_2343243.jpg


でも、どんな状況設定がなされていても、自分の居場所だけは自分の中に確保しておかなければいけないんだと思った。

場の雰囲気に感化されてイチイチ芝居が変わってしまっては役作りの意味がなくなる。

まあそんなのは当然としても、大事なのは初心忘れるべからづなんだ。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-01-23 14:19 | 役者日記