<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
準備OK。
e0000847_0535687.jpg
思わぬトラブルが続き、今日一日使ってやっと全ての準備が整った。

この1年で経験した事がこういったところで生きてくる事が分かった。

重要なのはトラブルをいかに越えるかだ。

ありとあらゆるトラブルに備える事も大事だが、その想定外の事が起こらないとも限らない。

冷静に柔軟に頭を切り替えていく事が必要だと思いますね。

これを教えてくれた、昨年知り合った人達の事を思い出す。

あの頃の僕じゃ出来なかったと思う。

明日に迫ったスチール撮影、ワクワクする!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-02-28 00:59 | 役者日記
赤澤大輔という男。
「used knowlidge」というアーティストがいる。
昨年日本の音楽界に彗星のごとく現れたU.K.バンドだ。
その楽曲のセンス、クオリティ、アレンジ、ライヴ、全部好きな最高にイカしたバンド。

その中でもパートはドラムながら作曲やアレンジ、バッキングヴォーカル、バンドの中心として活動してきたメンバーの赤澤大輔さんが今月をもって脱退した。
e0000847_14414938.jpg

最後のライヴに自分は行けなかったのだが、こうして最後に会ってお話する事ができた。

彼が脱退するのは、よくあるバンド内部の揉め事の類では一切なく、完全にプライベートな、そしてどうしようもない事だった。

僕自身音楽をやっていた事もあり、メンバーが入れ替わるなんてそれは毎日のように見てきた。
珍しい事なんかではないし、それに感慨深くなる事も少なかった。

けれど、彼だけは別だと思った。

僕は彼とは意外に長い付き合いで、ユーズドノーリッジが東京進出する直前からの友人だった。
ドラムの技術は当時誰よりも抜きん出ていたし、アーティストとして一番大切なセンスに溢れていた。

実は昔、僕のバンドの2ndアルバムの時にサポートとして参加してくれた事がある。
一緒にツアーも回った仲だ。

そして僕がこんなにも彼を特別視するのは、その人柄だ。

誰をも不快にさせない当たりの良さは初めて会った人間にも伝わる。
今回の苦渋の決断を何人の人達が寂しいと思った事だろう。

彼は音楽が本当に好きな人で、きっと大阪に帰っても何かしら形を変えて続けていってくれると思う。

数時間に及ぶ話の中で、ここまで軌道に乗ってきたこのバンドを去ることへの想いと愛と情熱がヒシヒシと伝わってきました。

彼の残したモノはきっと大輪の花を咲かせると思う。
大輔、本当にありがとう!

最高のアーティストがここに存在していた事を、俺は絶対忘れないからな。

また会おう!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-02-27 14:43 | プライベート
リース。
e0000847_14353688.jpg
いよいよ間近に迫ったスチール撮影の為に、スタイリストと共に今回使わせていただく衣装を借りに行きました。

「bioguraphy」

大人のリアルクローズを求めるブランド。

服とは大切な自身の分身であると。

実際にお店に行くと、担当の下田さんが全て綺麗に梱包してくれていた。

愛情の注がれた息子達をしばしお借りします。

スタイリストの扱いの丁寧さに、改めて苦労を知った。

満身創痍!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-02-27 14:40 | 役者日記
生・死・花。
e0000847_13484719.jpg
今日は俳優…いや、怪優・中村玄悟とデートだった。

あの映画「ミガカガミ」で世界の映画際を切り裂いた
TORICO監督の劇場最新作「イケルシニバナ」を観に行く。

前作でもスタイリッシュだっただけに興味深々でした。

もうフライヤーからすごくカッコイイし、期待大でしたね。

本編が始まると…「生・死・花」の文字が…超クール!

感想、面白かったですよ、本当!
こんなにストレスなく邦画にのめり込めたのは久々です。
ドキドキしたし、潤っとキタし、笑えたし、長編なのに全然時間を感じさせなかった。

そして衣装や、小道具、演出への細部まで行き届いたコダワリに感動しましたね。
単純にキレイ、面白い、カッコイイと思ってしまった。
e0000847_1461629.jpg

主演の深水さん、監督自身が惚れ込んで彼しかいないと言うだけあって素晴らしかったです。
本当に良かった。
立ち振る舞いに色気があるし、画になるなぁって。
なんか切なくなるような芝居がたまらなかった。

他のキャストの方々も完全にハマってましたね。
先輩でもある赤星満さん、ボブ鈴木さんの復活したデビルブラザーズも見れたし!

何より作品として好きだなぁ。
TORICO監督、参りました!
DVDも特典映像とか付くようだし、楽しみですね。

日本の映画界の夜明けだ!!

あ、最近よく見かけるんですが、上の写真のポケットティッシュにあるマークが付いてるモノは食べない方がいいと思いますよ。
最高に興奮したい人は別ですが。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-02-27 13:55 | 役者日記
久々に吼えた。
e0000847_13285018.jpg
忙殺されていても。

どんなに睡眠時間がなかろうともっ。

スタジオには入ります。

それがロックです!!

久々にやりましたね、萌えた。

いや、燃えた!

溜まっていたモノが吹っ飛んだ。

やっぱコレだね~♪

今日は昔やっていたオリジナルをやってみた。
懐かしいの半分、照れ半分。

こんな詩を書いてたんだなあって。
やっぱりその時その時の世界観はそれなりに持ってたんだなあと実感!
e0000847_1334565.jpg

まあ、メンバーも最近は上手い事流すようになってきてるんだけれど、年齢のせいもあってか酔っ払ってプレイする体力はないようで…。

しかも唄に関しては、高い…。
今じゃ唄えないキーになってました。

長い時間が経ってやってみても、思い出す青春の日々。
いろんな事があった。

あの頃はミュージシャンになると思ってた。
人生は何処でどう転ぶか分からないですよね。
e0000847_13401926.jpg

終ってみんなでお茶をする。

あっ、やっぱり終ればそれなりにオツカレビール飲むのね。
そうだよね、オッサンだもんね!

と、思う事はしないもんね。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-02-27 13:33 | 趣味
お髭がコワイのね。
e0000847_13275813.jpg
最近の恐ろしく忙しい中、久々に家に帰ると甥っ子のケイが来ていた。

その成長の早さにビックリ!!
そしてお人形さんのようだったのが人形にっ。

「こ、これが新型かっ!!」

と、思いつつ近づくと‥

「ビヤァァァァァァァァー。」

全力で泣かれた‥。
姉の話によると、長い前髪とヒゲが怖いらしい。

あー、剃りたい。
そして気に入られたい。
こんなにも愛を欲した事はナイ。

フフフ、しかしケイよ。
物心ついた時に一番ノリノリで一緒に遊べる、遊びの鉄人は何を隠そうアタクシなのよ!

そのうち、ねっ!!
今は沈黙の時。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-02-25 16:00 | プライベート
CAFFE'スチール撮影打ち。

e0000847_901033.jpg
皆様、お久しぶりです!?

最近忙しくてブログの更新やら何やらサボリがちですが、とっても充実した毎日を送っております、純吉です。

今日は間近に迫ったスチール撮影の打ち合わせ&フィッティングに行って来ました。

今回のフォトグラファーの森崎さん、スタイリストの若木さん、プレスの下田さん、企画の大沢さん、アシスタントの安齋さんとみんなで打ち合わせ。

時間があったので、行きつけのカフェがあるというので行ってみたのですが、素敵!
サイフォンコーヒーを出してくれるカフェだったんですね。
あの、アルコールランプとかでやるヤツ。
美味しいコーヒーでした。
お店の雰囲気も良く、また行きたいなと!
e0000847_10561229.jpg

そしてフィッティング。
数々ある衣装の中からバンバン抜いていくスタイリストの若木さん。
個人的にもカナリ気に入ったようで、あれもこれもと何体も作っていく。
さすがプロだな、と思いました。
何より早いし、常に現場のイメージを大切にしているようで何度も聞かれるんですね。

今回のシチュエーションはいつものようにガッチリ決まったモノではなく、自然体にしようとおもっていまして。
生活感があるというか、プライベートでそこに自然にあるような。
そんな写真にできたらいいなって。

たぶん初の試みになると思います。
そしてソレができるメンバーなので、楽しんでやりたいですね。

もう、フィッティングからめちゃくちゃ楽しかったですから。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-02-24 09:00 | 役者日記
両足ツッたらサヨウナラ。
今日、久々に走った。
「ハア、ハア…」
時間は22時55分。
「ハア、ハア…」
冬の寒空の小雨の降る中、走った。
「ハア、ハア…」
タバコの自販機に向かって。

…セーフ。
23時以降早朝5時まで、タバコの販売機はオヤスミしてしまう。

コレがないと僕は起きていられない。
またまたブログを明日に回してしまうところだった。
そして安心しての帰路についている途中、雷が走った。

「な、何っ!?」

確実に僕の左腿が今にもツリそうになっている…。
う、運動不足のしっぺ返しなのかっ?
そしてこんな事があろうか、右腿もツリそうになっているではないかっ!?

WARNNING-WARNNING。

もしこの状態で両足をツッてしまったら、僕はどうなってしまうのだろう?と、深刻に考える。
まず、立っている事敵わず、間違いなく濡れたアスファルトに突っ伏す…。
そして地面を舐める…。

「ち、畜生っ…フリーダァームー!!!!」

と、僕の燃えるようなブレイヴハートは叫ぶ事だろう。
きっとつい先日、両足ツッてコケた昔の友達の話を、酒の肴にして飲んだ罰を受けていると思った。

罪と罰…。

抗えない世の摂理。




…ジム行こうっと。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-02-21 00:39 | プライベート
冬のドナタ。
皆さんはオシャレと防寒、どちらを選びますか?

いつも思うんだけど、女性のスカートや腹出しには恐れ入る。
この真冬の寒いのに平気なの?と、心配になってしまう。

でもスタイリストの友人の話では、その最先端をいく人たちはワンシーズン先のスタイルで街を闊歩するらしい。
確かに、雑誌のファッションスナップでは一足お先に春物と掲載されていた。

僕にはとてもじゃないけど、真似できない事です。

かくいう僕も、普段はT-シャツにジャケットという格好が好きで、よくしている。
白いレザージャケットに中は何でもいい。
あまり考えもせずにだいたいいつもソレだ。

そんな僕はあまり寒さに対応したアウターを持っていない。
つまり天敵は寒波なんです。
でもね、最近は本当に寒くってそうも言ってられなくなりました。

「役者なんだから、いつも気を遣って!」

とは言われるんですが、体調管理も仕事のひとつなので‥。
そんな時に自身大好きなアーティストのブランドから出たスタジアム・ジャンパーが届いた!

やばい、めちゃくちゃ暖かい。

毎日愛用、いつの間にやらU.K.パンクスからニューヨーカーへ!?
久々に会った友人からは

「え、どなた?」と、言われた‥。

人の外見に対する印象とは恐ろしいモノです。
それでもジャケットスタイルを貫くべきだったのか!?

みなさんは自分のスタイルと防寒、どちらを選びますか?
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-02-20 13:40 | プライベート
「STRAY BIRDS」打ち上げ。
e0000847_1582675.jpg
久々に気持ちよく酔っ払ってしまいました。

この日は映画「STRAY BIRDS」の打ち上げでした。

撮影時のメンツ=戦友。

クランクアップ=勝利。

打ち上げ=パーティー。

な、ワケです!

スーパーディープ(個性的と読む)なメンバーみんなでの打ち上げ、盛り上がらないワケがない。

と、いう事でハッチャケてきました。
e0000847_1471412.jpg

共演者のみなさん。
監督が一人一人、本当にこだわってしたオーディションで選んだ方たちだけあって、素晴らしい存在感のお芝居を見せていただく事が出来ました。

ある泊まりの撮影時に、ラッシュ(撮った素材)を見たんですが、本当に期待せざるを得ない映像の数々でしたね。

大袈裟ではなく、本当に完成が楽しみです。
e0000847_1535391.jpg

肝心の飲み会では、チーフの奥野さんが伝説の「別府名物ひょっとこ踊り」を披露してくれました。
彼は唯一無二の正式な伝承者で、笑い死にそうでした!!

そして撮影監督、児山さんのトークで死にました。
しずかちゃん靴食べないでって…どんな寝言やねん!

スタッフのみんなともアツく笑い転げ最高に美味い酒でしたね。


帰りがけに大北監督から

「沢村さんに会えて良かったです」と言われた。

涙が出そうでしたよ、僕こそ本当に感謝してる。
こんなにいい作品に携わる事ができて。

最後に言いたい、「ありがとう」。
僕はメチャクチャ幸せで、最高の人達とここまでやれたんだ。

クランクアップ万歳、また絶対一緒にやろう!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-02-19 01:58 | 役者日記