<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
スチール撮、はじめの一歩。
e0000847_2325681.jpg
天気は相変わらずの雨。

早朝8時に集合。

今日は前日にも話したとおり、これから所属する事になるプロダクションでの初仕事。

宣材用スチール撮影をしてきました。

このスチールはコンポジ(プロフィールシート、通称コンポジットの略)は勿論の事、プロダクションのホームページにも使われる事になる大事な写真です。

通常なかなかここまで凝った撮影は出来ないけれど、今までの素敵な出会いが今回の高いクオリティの現場を生んでくれたんだと感謝しながら実感しています。

まずはアーティスト写真。
これは白い布の前でアーティストを紹介する為の一番分かりやすい写真です。
スチールが苦手な俳優陣をリラックスさせてくれた皆さんに感謝です。
e0000847_23224171.jpg

そして外でのロケーションでの動きのあるポートレイト写真。
その瞬間、天から一線の光明が!!
あんなに悪かった天候も味方して最高の写真が撮れたと思います。

今回のみんなの感想を聞いてみると、「やりやすかった」というのが多かった。
スチールに慣れていないと、なかなかモデルのようには出来ない。
求められるとワケも分からず余計に出来なくなってしまう。

それでも「やりやすかった」というのは、フォトグラファーの森崎さんをはじめ
スタイリストの佐久間さん、ヘアメイクの田辺さんの雰囲気作りのおかげですね。
みんな気持ちよくできた撮影でした。
e0000847_2322425.jpg

滞りなく撮影は終わり、みんなで西麻布にあるカフェへ。

もう撮影中からですが大爆笑の嵐でした!
あー、楽しかったぁ!!

クリエイター陣の皆様、ありがとうございました。
社長もとても気に入ってくれたようで、仕上がりが楽しみです。
そして今日一日、本当にお疲れ様でした。
ゆっくり休んで下さいね。

ここから僕達の物語は始まる、はじめの一歩でした。
頑張るぞ~!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-05-28 23:07 | 役者日記
いよいよ明日、スチール撮影。
e0000847_19425765.jpg
いよいよ明日、新しいプロダクションとしての初仕事になる
宣材用写真(宣伝材料の訳です)のスチール撮影が。

気分を一新、同所属俳優の中村玄悟君と美容室に。

切ってくれるのはモチロン、お馴染み横浜元町にあるヘアスタジオ
「ナチュラルキュービック」の唐澤さん!

毎度、毎度、無理を聞いてくれる寛大な吉本系兄貴です。

僕はカット、玄悟はカットとカラーを。

ヘアメイクさんから、あんまり切り過ぎないようにと言われていたので控えめにカット!
そして玄悟はかなり短めのエイリアンカットで上品な茶のカラーを入れました。

唐澤さんは僕らが納得いくように、話し合いながらカットしてくれます。
おかげでバッチリ決まりました。
ありがとうございます!!
e0000847_23584176.jpg

ここからが始まりだ。
なんとしてもいい写真が撮れるように頑張ります。

明日も早いので今日はこの辺で。
おやすみなさい!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-05-27 19:42 | 役者日記
スチール打ち&衣装合わせ。
e0000847_114978.jpg
今日は今度から所属する事になった、プロダクションのホームページ用スチールの打ち合わせ&衣装合わせでした。

各4人のアーティストの個性を生かした衣装合わせは、一人の時と違って面白かったですね。

今回のスチールは、前回の僕の撮影の上がりを見た社長が是非にと言っていただいたメンバーだ。

僕としてもやりやすく、何よりまたこういった形で一緒に出来る事が本当に嬉しい。

自分の通った路は、確実に未来に結びついていると感じた!
いや、大袈裟かな(笑)

メンバーを紹介します。

フォトグラファー:森崎純子さん。

スタイリスト:佐久間裕理さん。

ヘアメイク:田辺浩太さん。

衣装協力:すでにお馴染みとなった、【biography】下田逸樹さん。

という最高のメンバーです!!
e0000847_251190.jpg

来月にはアップ出来るように急ピッチで取り組み中。

是非、お楽しみに!!!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-05-24 01:14 | 役者日記
乗り越えた。
連日、人と会ったりミーティングを重ねたりで、やっと光明が見えてきた昨今。
いろいろと決定事項もキチンとまとまって来ました。

あ~、しんどかったぁー!!
でも、乗り越えたぜコンチキショーッ!!
と、いうワケでいろんなモノがやっと少しずつ落ち着いてまいりました。

その内の一つ。
僕がフリーの役者になって1年半ほど経ちましたが、この度あるプロダクションにお世話になる事になりました。

すごく考えたんですが『今の自分はどうありたいのか?』という事を一番に考えました。
今回の決断はそれが一番自然であったんだと思います。

その中でも特に嬉しいのが、最高のパートナーとやれるようになった事!
彼らと共に、ちゃくちゃくとその準備を進めています。

詳細は追ってご報告させていただきますね。

知ってましたか?夢って見るモノじゃないそうです。
叶えるモノらしいんですよね(笑)
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-05-22 06:35 | 役者日記
「フローズンライフ」クランクイン其の二。
e0000847_13495973.jpg
雨が降る中なんとか撮り終えて、今度は場所を変えることに。

またもや車で移動する事2時間。

そしてまたもや車内、爆睡する自分・・・。

・・・本当にスミマセン。

睡眠は取れるうちに取っておき、現場では芝居に集中しよう!

・・・しかし、この日は僕の出番はなかったのだけれど・・・。

写真は片山享君。
モチベーションの作り方が上手なムードメーカーです。
e0000847_13545097.jpg

そして到着したのは作品の舞台の一つとなる古民家。

築200年、日本の心、藁葺きの古民家。
すごいんですよ、実際にソレを目の前にしてみると。
なんていうんだろう、言葉にはしにくいけど、キレイなんです。
e0000847_13584321.jpg

今回の為に集まってくれたローカルの方々とお話させてもらい、囲炉裏を囲んで、いろんな事を教えてもらいました。
人の暖かさに触れた日だったなあ。

今回特に感じたのは、こういう人達がいて古民家だったり、日本の伝統が守られてるんだなということ。
言葉にしろ、形にしろ、それを他の誰かや子ども達に伝えていくという事。
人と人との繋がりが、また自分の中で違った形になって染みてきた。

うまく言えないけど、嬉しかったんです。
e0000847_14802.jpg

これはね、縁側から見える景色なんです。
6月はこの田んぼが蛍でいっぱいになるそうです。
蛍ですよ、蛍!

見て見たいな~。
最後に見たのはいつだったかな?
小学生の頃、尾道で見たのが最後だった気がする。
e0000847_14122075.jpg

こうやっていろんな事感じて作られる映画に自分自身期待してしまう。
こういうものをストレートに表現しようとしてくれた監督に感謝だ。

この作品を通して、また一つ自分で感じて、それをみんなに伝えていけたらと思う。
それをもし仕事というなら、なんて素敵な仕事なんだろう。

とりあえずこれから7月まで、撮影休暇になる。
僕の出番はそれからだ。
それまでにもやらなければいけない事は数多くあるんだけれど。

最後まで頑張ります!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-05-14 13:53 | 役者日記
「フローズンライフ」クランクイン其の一。
e0000847_13183441.jpg
天候を気にしつつ、やってきましたこの日が!

映画「フローズンライフ」、クランクイン。

今回実は僕の出番はないんですが、イメージ作りの為に同行しました。

朝5時都内に集合して、車で移動する事2時間。

自分は爆睡で気付いたらなんと・・・現地に到着していました・・・。

・・・ス、スミマセン。
現場は澄んだ空気の美味しい絶景です!!

スタッフ・キャスト全員でshin監督を囲んで、いよいよクランクイン。
心を一つにして、みんなで最高の映画を。
e0000847_1318156.jpg

待望のファーストカットは、広がる田園の中を一本走る道。

この道は劇中、大きなポイントとなる場所。
5月と8月では、苗の伸び方なども大きく変わるようです。
e0000847_13231528.jpg

今回、初主演のとなる女優・邑羽莉さん。
初めてのシーン、堂々と決めてくれました。
e0000847_1327227.jpg

そして今回の映画の核となる映像を撮っていただく撮影監督・根岸憲一さん。
僕らが安心して演技ができるのも、この方ありきです。
しかも、見た目とは意外なチャーミングな方です。
e0000847_13313876.jpg

最高のスタッフと共にカンヌを目指して、shin組、今スタートです!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-05-13 22:44 | 役者日記
止まない雨はない。
e0000847_1333250.jpg
こんなにも長くブログを更新しなかったのは初めてで、なんか緊張してます。

お久しぶりです、純吉です。

最近、しとしとと雨が止まないですよね。

勿論、このGW遊んでいたワケではなく、いろいろと動き回っていました。

自分にとって、今が今年1発目の佳境な時だと思う。

本当に悩む事、考える事が多かった日々。

たくさんの壁にブチ当たった時、皆さんはどうソレをどうやって越えますか?
どうやって自分を奮い立たせるのでしょう。

人それぞれやり方は違うと思う。
でもこれだけは絶対で、「止まない雨はない」という事。

大きなうねりが自分を取り囲んでいる。
そしてそれは試練となり、乗り越える事で成長・進化していくことが出来る。

これよりまた、いろんな報告が皆さんにできそうです。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-05-12 13:03 | 役者日記
Good 40's。
e0000847_050083.jpg
本読みの後は、みんなでまたもや飲みに。

3日酔いの僕は瀕死の状態で参加。

このチーム”shin組”本当に仲がイイ&酒好き。

毎回朝までテンヤワンヤです。

写真は監督と、主演女優の邑羽莉(ユウリ)さん。

ミュージシャンでもある彼女は今回初女優デビューという事もあり、監督と何度も役作りの話し合いをしていました。

リハーサルでもどんどん役をモノにしていくスポンジのような女優さんです。
僕もウカウカしていられないですね、ウン。
e0000847_0572980.jpg

僕は昔、人生で一番楽しいのは20代だと思っていた。
30代はなんかオッサンだよな~なんて。

でも役者を始めていろんな人と出逢って、26歳になったくらいからは30代が希望で一杯になった。
こんなにカッコ良く、楽しそうにいられるなら30代って素敵だな、なんて思ってたんです。

そして今回この作品で出逢った40代の大先輩方を見て、更に未来が輝いた。
e0000847_141372.jpg

写真左は僕の父親役でもある、藤野晃さん。
味があり、深みのあるお芝居をされる俳優さんで、自分にとってものすごく刺激的だ。
リハーサルでは何度も助けられている。
その空気は僕をリアルな世界へ導いてくれる。
酔ってると最高に面白いし、最高の父親だ。
e0000847_183134.jpg

そして左より、山口かいちさん、北島善紀さん、佐藤孝輔さん。
この御三方はshin組でも常連の俳優さんで、ものスゴイ!

男の色気と圧倒的なパワー、最高に面白くて説得力のある芝居。
場を大爆笑の渦にするんですが、芝居に関しては誰よりも真剣で真摯な姿勢で取り組む。

とにかくスケールが違うと思ってしまった。
最高に魅力的な大先輩です。
飲みの場ではボコボコに可愛がってもらいました!
ありがとうございます。
e0000847_117636.jpg

そして今作品の脚本を監督とされた北原直人さん、そして我等がキャプテンshin監督。
繊細な中にいくつものギミックが組み込まれた作品を作り出すお二人です。
あたたかい人柄が雰囲気に滲み出てるのが、話すだけで分かります。

この最高の40代の先輩方を見てると、28の自分はまだまだヒヨッコで輝かしい未来に光溢れていると感じる。
僕もこんな風に年齢を重ねていきたいと思いました。

映画「フローズンライフ」、人事じゃないけど僕自身、期待で一杯です。
最高の出逢いに感謝です!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-05-01 00:56 | 役者日記
「フローズンライフ」オールキャスト本読み。
e0000847_035876.jpg
この日は全員のキャスト揃っての、本読みでした。

本読みとは台本を実際の俳優で読み合い、イメージをよりリアルにするものです。

そして、何度も言っていますが僕は本読みが・・・メッチャ苦手です。

またもや緊張してしまいました。

何故って?

それは皆さんが恐ろしく上手だからです、ハイ。

いつまで経っても慣れない・・・「いい加減にセイッ!!」と、いう声が空から聞こえます。

今回の本読みで感じた事は、素晴らしいキャストに囲まれたな、と。
本当に皆さんレヴェルが高い!
僕のイメージ通りの優秀な役者が揃っています。

作品に対しての安心感はあるんですが、その分プレッシャーも人一倍。
またもや勉強になる事の多い現場になりそうです。
e0000847_0445363.jpg

写真はメインキャストの片山享君。

この男は感覚が麻痺しているのか、はたまた不感症なのか、度胸があるのか・・・
余裕の表情。
あやかりたいデス。
[PR]
by junkichi-no9 | 2006-05-01 00:39 | 役者日記