<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
いろんなカタチ
無事に台湾での撮影を済ませて帰ってきやした。

4日間という短い滞在だったけれど、久々の仲間とも少しずつだけれど会えたし、何より今回は仕事という事もあって忙しなくも充実した台湾でした。

今回は日本の某企業のCM撮影だったんだけれど、日本でのオンエアはなし。
だから日本の皆さんに観ていただく事は困難なんだけれども。

出演者はほとんどが日本人という事もあって、でも現場は当たり前だけど台湾なワケで。
面白かったなぁ、やっぱり現場はどこでも楽しいや。

そこで素敵な出会いもあって。
本当に偶然で、名前は出せないんだけれどとっても素敵な女優さんと共演させていただきました。

俺も最近その方の出てるドラマの再放送観てたのもあって、「アレ!?この人って・・・」すぐ気付いてね。
年は下だけれど役者としては大先輩にあたる方で、オフの時間にいろんな話させてもらった。

その方に「キミ芝居大好きでしょ!」って言われてね、すごく嬉しかったなぁ。

いろんな話をした中でも”縁”についてが印象的で。
すごく大事だなって思った。

長くこの世界にいるといろんなモンが見えてきて、それでいろいろ感じて、辛い事なんかもいっぱいあって、プライベートも仕事も境界線を引くのは本当に大変になってくる世界なんだろうし。

それでも生きてるからさ、なんて言おうがここが俺たちの住んでるリアルだから。
だからどう転んでもいいんだよな、自分が幸せなら。

その人は幸せそうだったよ。
こんな顔でずっといられればいいなって思ったし。
そうしなきゃいけないんだよな。

なんかさ、ものすごく気持ち良くてさ。
今はね、俺もすげえ爽快な気分。

それにしても日本は寒みい・・・。
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-01-27 02:37 | 役者日記
Re.台湾サーフ
e0000847_1183214.jpg

今日は快晴で何より。

先日台湾から航空券が事務所に送られてきた。

実は、昨年一度はお断りさせていただいたCMに、ディレクターの押しもあり、やっぱり行く事になりました。


今回は仕事のみの4日間、短期滞在なのでゆっくりしてる暇はないんだけれど。

詳しくは言えないんだけれども、皆さんご存知の日本の企業のCM。
なんにしても求められるというのは嬉しい事で。
早速、昨年蒔いた種が芽生えてくれて嬉しい。

それにしても向こうの現場は始めてなので今から楽しみです。
日本でのオンエアはないんだけれど、頑張って来ます!

落ちるなよ、ヒコーキ。

Fly Higher !!
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-01-23 12:15 | 役者日記
眼鏡ノスタルジア
e0000847_19295369.jpg

それはつい先日の事、カフェでお茶をしていた時だった。
「眼鏡作ったんですよ、九千円で」
友人が言った。

そりゃあもう目が飛び出たね、ああ飛び出たさ!
なんつったって俺の『眼鏡を作る』という行為は、5万円くらいかかっちゃうイメージしかなかったからね。

それをその友人に言ったら、「全く何にも知らないんだから!」と、笑われてしまった。
しかもレンズの在庫さえあれば30分で出来ちゃうという。
時代は変わったモノだ・・・。

コンタクト装着時間が長くて眼に負担をかけるのもなんだし。
前々から行こう行こうとは思っていたけれど、再来店の受け取りがメンドくさがりの自分の腰を重くしていた。
けれどそんな事を聞いちまっちゃあー行くしかないと思い早速、教えてもらった原宿にあるお店に行って来ました。

そしたらね、俺の選んだフレームで作ると全部込みで五千円だってさ!!
もうビビッタ、ビビッタ。

最近の眼鏡はオシャレで、トドノツマリはその他のオシャレフレームの良さがサッパリ分からんかったけれど無難にシンプルなヤツで作りました。

ケースも選ばしてくれて、大好きな真っ白のケースをチョイス!
近々、ステッカー貼って『ロック眼鏡ケース』になる予定!!

その時の店員さんがすっごく親切で笑顔も優しいおじさんでね、話し方がセカセカしてて妙に落ち着きない人だったの。
会話の中でたぶん「かしこまりました」っていうところだったんだろうね。
いきなり「了解っ!」って言われてさ、吹き出しそうになっちゃったよ。

相手もバツが悪いと思ったのか、微妙な表情で半ば強引に気付かないフリで会話を続けていってね。
俺は好きだなそういうの。
なんか面白くて勝手に一人で楽しくなっちゃってさ、目上のオッサンなんだけれど可愛いと思っちゃったよアハハ。

街で見かけるいろんな人は、芝居のネタの宝庫だよね。
そういうなんでもない『ニヤリっ』てする瞬間、逃したくないんだよなぁ。

おかげでとっても気持ちよく、My眼鏡を作れましたとさ!!
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-01-22 20:31 | プライベート
アイスクリーム
e0000847_1452159.jpg

ここは事務所の下にあるアイスクリーム屋さん。
えらくハ-ティフルな外観だが、そこそこ値段もする人気のアイスクリーム家さん。

俺自身、甘いものはあんまし食べないんだけれど、最近はなるべく糖分も摂取するように心掛けている。
特に朝は甘くしたコーヒーで頭の回転をね。
アイスクリームは好きじゃないが、シャーベットは好きだ。
果物が大好きだし、果汁100%の美味いシャーベットには目がない。
クリームのあの「逆に喉乾くわ!」というマッタリ感はどうにも苦手だ。

何かの番組でやってたな、デートで一緒に甘いものが食べられる男の方が女の子にとってはいいそうだ。

・・・あ、俺ムリじゃん・・・。

まあそんな事はよしとして、女の子でアイスクリームが好きっていうのはいいと思う。
むしろ可愛いなと思う。
アイスクリーム一つで機嫌が直ったりさ、街中でペロペロとアイスクリーム舐めてるカップルとか、なんか見てて羨ましいもんな。

そんな時の女の子の仕草って、いいなっとか思うよ。
まあ俺の場合「あっ、今の撮りてえ!」って、映画とかカメラの話に変わっちゃうんだけどね。
これはお婆ちゃんでも、奥様でも、OLのお姉さんでも、ガングロなコギャルでも、幼稚園児の可愛い女の子でもみんな一緒。
好きな物食べてる時の表情って、あんまし嘘はないもんな。

でもこれが女だけじゃなく、男でもグッてくる時があってね。
確か北野監督の「ソナチネ」だったかなぁ。
ヤクザな寺島進さんが砂浜で、アイスキャンデー食べながら子どもみたいにはしゃいでるんだよね。
あのシーンは良かったなぁ。

つまりだ、女の子はアイスクリーム、男はアイスキャンデー、これがいいって事!
そんな事をね、考えてたワケよ。

・・・なんのこっちゃ!?
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-01-21 15:00 | プライベート
凍った命にサンライズ
e0000847_0465012.jpg

「どの年も 静かな始まりしていてもー 激動のぉー 前兆だったりするのよねぇ~」

字余り・・・失礼。

とまあ、今年は「焦り焦らず、川の流れに身を任せ」をテーマとしてまして。
オーディションやら行った帰りのコーヒーに、心を鎮めて人間ウォッチング・・・。
決まるもそうでないも、コレばっかりは待つしかないしと、ボッサボサの髪の毛をクルクル。

月末の撮影に向けて切れない髪の毛・・・。
こればっかりはどうにもキツイ(笑)。

今年はね、短髪でいたいんだけどなぁ。
元々短髪の方が好きだし。

ざわついてるんだよな、最近。
なんか身の周りが。

でも気持ちのいい事に、自分の中身は穏やかで。
きっと自分の道っていうのが、ハッキリと見えて来たんだと思う。
それは常に変わり続けるモノなのかもしれないけれど。

今、未来を見ているか?
自分の姿が見えているのか?
将来の事なんか考えたくないけれどね。


昨年の夏に燃やした青春!?映画「フローズンライフ」。
昨日は渋谷UP-LINKにて、その初号関係者試写会でした。

フラッシュバック夏の思い出!

60人からなる打ち上げは3次会へとなだれ込み、愛すべき仲間達との終わりなき宴。
渋谷の朝の空気は澄み切って美味いハズが、眩暈を抑え倒れそうになりながら相棒の役者と帰路につく。
新しい夜明けだ。

今年の夏でいよいよ俺も三十路。
このままアッという間にオッサンになるのか?

いや、まだそれはこえーな。
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-01-19 00:57 | 役者日記
どうしよっかなぁ
e0000847_20285239.jpg

人生に無駄なことはないと言うが、「百害あって一理なし」。

”Smorke or Die?”





・・・これでラストにしよう。
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-01-16 15:39 | 役者日記
提灯の下
e0000847_11134057.jpg

昨年からなんか少しぐらい持ち帰りてえなと思いつつ、年明けから禁煙に向けて節煙している。
そして禁酒もしていた。

年末よりほとんど飲んでいない。
無駄な努力とは思いたくないので続けていたんだけれど、久々に会う先輩の俳優さんに誘われた。

これは行かなければと思い、コーラででも乗り切ろうと思っていたんだけれど、まぁ断れるハズもなく2軒目でアッサリ解禁・・・。

今回ハシゴして行ったのは、新宿にある提灯(ちょうちん)のお店。
このクソ寒いのに屋台かよっ!?と、思いながら既にゴキゲンな先輩と並んでモツ煮と焼き鳥とビール。

これが美味いんだよね。
半端じゃなく。

腹割って話をするのに向かい合って座ってはダメだそうだ。
並んで座って、冬の寒空の新宿の提灯の下、ビールと焼き鳥、モツ煮とオッサン2人。
六本木のバーのカウンターで、サイドカーにピスタチオとは大きな違いだ。
やっぱり俺は日本人なんだな、と。

けど、しかし美味かった。
シチュエーションが調味料にもなるもんだね。
あまりに気持ちいい酒だったんで、次の日予定なければ朝までコースだったな。

そんな気持ちのいい酒を飲んだ後は、酔い覚ましにちょっと歩きたくなるモンで。
いつもならメンドクセエなと思う、何でもない道をプラプラと。

テクテク歩いていると、いつもなら見えなかった景色がね。

ホラ、今年もいい事あるんでしょ?
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-01-13 11:31 | プライベート
綺麗なブーツ
e0000847_552348.jpg

この黒いエンジニアブーツは俺の相棒。
もう10年以上も履いている極上のブーツ。
つまりはボロボロ。

ブーツって何が素敵か分かるかな。

それは他の靴と違って生きてるからさ。
泥水で汚れたって、アスファルトで擦れ、磨り減ったって死にはしない。

汚れたとしてもそれが味になり、ソールが壊れたとしても、また直して履く。

そしてその傷や汚れが共に歩いてきた者の歴史となる。
履けば履くほど皮は皮膚に馴染み、その人だけに許されたカタチに変わっていく。

傷付き汚れる、それは完全に消す事は出来ないモノなんだろう。
でもそれを背負ったカッコよさがある。

ね、なにかと似てない?

消せないものを隠す必要はない気がしてくるよね。
その痛みや汚れを沁みこませて、深みを出した人間になりてえな俺は。
きっとカッコよくて、美しいんじゃないの。



「ドブネズミみたいに 美しくなりたい・・・」


そうゆう意味もあったのかもしれないな。

ブルーハーツか。
今さらになって分かるなんてな。

んじゃあ、そろそろ俺も『愛してる』って言葉が使えるようになんのかね。
ソレって素晴らしいんじゃん。

なんちゃって。



リンダリンダ。
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-01-10 05:59 | プライベート
TOKYO
e0000847_6481292.jpg

東京。

この街はリアルだ。

今、そう思える。

海の向こうでは通じなかった言葉が、当たり前に通じる。
なんの苦労もなく、口から漏れた本音や囁きも周りに通じる。

街では俺は外国人の一人としては見られず、その雑踏の景色の中に馴染む。

冬は冬で、身体を突き刺す当たり前の寒さに包まれている。
それは呼吸を白く染めるし、時に切なくもさせる。

ここは自分が役者なんだという事を、よく分からせてくれる。

働かなければ食ってはいけないし、何もしなくてどうにかなるものでもない。

今という時間を生きてると感じる。

ここが俺のいる場所で、生きていく世界。

この街はどこまでもリアルだ。




え?どういう事かって?

・・・東京の冷たさにやられて、強烈な風邪ひいたんだ。
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-01-06 23:03 | プライベート
2007
A Happy New Year!!


年は明けても、さっきまでと何も変わらないな。
よく考えてみれば当然だ。
だって昨日が今日になっただけだもんな。
めでたいのかどうかもよく分からないや。

でも変わったんだよな。

変化に気付く時ってのは、いつだって後になってな事が多い気がする。
じゃあ、きっと今は分からないんだろう。

見てろよ、2007年。



今年もどうぞ宜しくお願いします。


2007.01.01
沢村純吉
[PR]
by junkichi-no9 | 2007-01-01 02:00 | プライベート