人気ブログランキング |
「贅沢な骨」
e0000847_1391556.jpg
今や日本を代表する行定勲監督の作品です。

麻生久美子さん最高ですね。「赤影」では生唾飲んだ人も多かったんじゃないかな。
麻生さんはきっと監督のイメージを本当の意味で理解し、演じられる方のような気がします。
それは「ひまわり」であったり、「アイデン&ティティー」であったり。

つぐみさんを好きな女優さんは多いんじゃないでしょうか?
多分、今回の役どころは女性ならではの納得というのも、かなりあるでしょうね。

永瀬正敏さんもカッコイイですよね。
憧れる人です。
以前現場で少しだけお話していただけまして、興味深々で洋服についていろいろと聞きました。
とても穏やかに丁寧にお話してくれましたよ。
役者さんの中であそこまであらゆる服を着こなせるのはさすがです。
本当にカッコ良かった。
僕と同じラッキーストライク吸ってたなぁ。
女二人、男一人の三角関係の話なんですが、いつものスタイリッシュな感じとはちょっと違った、とても優しく演じられています。
考えている以上に難しいと思います、こういうのって。
「BelRin」「クロエ」も穏やかな役回りでしたが永瀬さんって器用すぎます。
カクテルバーのCMをしていた人とは思えない。
少年にも男にも探偵にも殺し屋にも侍にもなれるんです。
カリスマは健在でした!

ホテトル嬢ミヤコと、心に傷を持つ少女サキコ。
二人はミヤコの仕事で得たお金だけでなんとか暮らしていた。
ある日、いつものように仕事へ出掛けたミヤコが向かった先は、新谷という初めての客のもと。
そこでミヤコは新谷という男に何か特別な感情を抱いてしまう。
やがてミヤコはなぜか自分と新谷の間にサキコを巻き込み始めるのだった……。

「GO」や「きょうのできごと」、「ひまわり」もすごく良かったけど、僕はこの作品をオススメしますね。
by junkichi-no9 | 2005-07-17 01:49 | 映画
<< 久しぶりに舞台鑑賞! One For All,All... >>