人気ブログランキング |
プロポーズ。
e0000847_19175090.jpg
昨日の夜遅く嬉しいメールが届いた。
僕の大切な友人からのメールで、プロポーズをしたらしい。
自分の事のように、すごく嬉しい。

彼は最近仕事で独立したばかりで、彼女への気持ちはあれど結婚というものに戸惑いがあった。
自分でちゃくちゃくと夢を追い駆けながら、本当に家庭をもてるのか?
本当に彼女を幸せにできるのか?
お金を稼ぐという事は本当に大変な事で、それも自分の夢と家庭、二つを背負っていかなければいけないというプレッシャー。
彼はそうとう悩んだんじゃないかと思う。
でも彼は決断をした。
いつかは、なんていうのは男のカッコ付けなワガママなのかもしれない。
勿論、ある程度の貯えは必要だと思うし、家族にお金の面で苦労をかけたくないとは誰でも考えると思う。
でもいつになるか分からない時間、女の人を待たせておくのは本当に酷だと思う。
時代は常に変わっているのだし、男が女を食べさせるなんて思わなくてもいいんじゃないかと。
背負うというより、支えあうと言う方が正解なのかもしれない。
そうは思ってみても結婚だけは一個人間だけの問題ではなく、家族と家族の問題でもある。
だから思う事は出来ても、決断には勇気がいる。
彼は言った
「俺もう逃げないから。仕事からも彼女からも。」
すごいと思いました。
でも僕は思うんですよ。
たぶん彼なら本当の幸せに気づける人なんじゃないかって。
幸せは降ってくるものではないし、生まれるものでもない。
いつもそこにあって、それに気づいた人が本当の幸せを掴める…ような気が。

とにかく、お二人さんおめでとうございます。
ミキちゃん、幸せにしてもらってね!
今はこれ以上の言葉は控えます。
入籍して晴れて夫婦になった時にとっておこうっと。
必ず入籍後には盛大にパーティーしよう!!!!
by junkichi-no9 | 2005-07-27 18:53 | プライベート
<< お酒のチカラ!? 手帳を制す者は、仕事を制す!? >>