人気ブログランキング |
「フローズンライフ」クランクイン其の二。
e0000847_13495973.jpg
雨が降る中なんとか撮り終えて、今度は場所を変えることに。

またもや車で移動する事2時間。

そしてまたもや車内、爆睡する自分・・・。

・・・本当にスミマセン。

睡眠は取れるうちに取っておき、現場では芝居に集中しよう!

・・・しかし、この日は僕の出番はなかったのだけれど・・・。

写真は片山享君。
モチベーションの作り方が上手なムードメーカーです。
e0000847_13545097.jpg

そして到着したのは作品の舞台の一つとなる古民家。

築200年、日本の心、藁葺きの古民家。
すごいんですよ、実際にソレを目の前にしてみると。
なんていうんだろう、言葉にはしにくいけど、キレイなんです。
e0000847_13584321.jpg

今回の為に集まってくれたローカルの方々とお話させてもらい、囲炉裏を囲んで、いろんな事を教えてもらいました。
人の暖かさに触れた日だったなあ。

今回特に感じたのは、こういう人達がいて古民家だったり、日本の伝統が守られてるんだなということ。
言葉にしろ、形にしろ、それを他の誰かや子ども達に伝えていくという事。
人と人との繋がりが、また自分の中で違った形になって染みてきた。

うまく言えないけど、嬉しかったんです。
e0000847_14802.jpg

これはね、縁側から見える景色なんです。
6月はこの田んぼが蛍でいっぱいになるそうです。
蛍ですよ、蛍!

見て見たいな~。
最後に見たのはいつだったかな?
小学生の頃、尾道で見たのが最後だった気がする。
e0000847_14122075.jpg

こうやっていろんな事感じて作られる映画に自分自身期待してしまう。
こういうものをストレートに表現しようとしてくれた監督に感謝だ。

この作品を通して、また一つ自分で感じて、それをみんなに伝えていけたらと思う。
それをもし仕事というなら、なんて素敵な仕事なんだろう。

とりあえずこれから7月まで、撮影休暇になる。
僕の出番はそれからだ。
それまでにもやらなければいけない事は数多くあるんだけれど。

最後まで頑張ります!!
by junkichi-no9 | 2006-05-14 13:53 | 役者日記
<< 乗り越えた。 「フローズンライフ」クランクイ... >>