人気ブログランキング |
「フローズンライフ」撮影5日目。
撮影5日目。

奇跡の天候によりドッピーカンで迎えられた、ガラス工房2日目の撮影。

これは映画的には最高のプレゼント・ウェザーだけれど、やってる人間にしてはもう大変なんです。

どんなに水分を補給しても全部汗で出ます。

この日も早朝からのシューティング、僕と父親役の俳優・藤野晃さんとの絡み。

本当にこの大先輩から得るものは大きかったといえる。
e0000847_19224367.jpg

スタンス、心構え、準備、言葉に聞かなくても見ているだけで分かる。
自分なりに作りこまれた台本、マーキング、役者にとって経験だけでは埋められないものがきっと多くあるんだろうなと思う。

俳優・山崎努さんは役作りから本番直前まで不安で仕方がないという。
あの黒澤明監督に認められた人でさえそれだ。

僕には雲の上のような人でも自分と戦っているんだと思い知らされる。

藤野さんと対峙したあの空気、すごかった。
多くを学んだ気がする。
ご一緒させてもらえ、本当に嬉しかった。

撮影自体は、僕の中で意味のある特に大切なシーンがいくつかあった。
今回それをやり終えて、更に芝居の難しさ、現場の魔力というのを知った。

今はまだやり終えたばかりで、上手く言葉に出来ないんだけれど、きっと全部終った頃には何か言えると思います。

とりあえずまだ切らせちゃいけない、繋がった糸。
まだ折り返し地点にも来てはいないのだから。
e0000847_185794.jpg

上の写真はガラス工房の千景先生が僕の為に作ってくれた物だ。
僕の大好きなロックグラスをブルーで世界に一個だけのグラス。
素敵な宝物だ。
ずっと大事にします、千景さん本当にありがとう。

今まで、こんなに出来の悪い生徒を面倒見ていただいてありがとうございました。
本当に楽しかった、ガラスレッスン。
金山先生、千景先生、お二人とも大好きです!
出逢えた事に感謝!!

クランクアップしたら、このグラスを持って行ってガラス工房で一緒に乾杯したい。

そのためには、最後まで頑張るぞー!!
by junkichi-no9 | 2006-07-27 23:56 | 役者日記
<< 「フローズンライフ」撮影6日目。 「フローズンライフ」撮影4日目。 >>