人気ブログランキング |
自分だけの場所。
e0000847_022206.jpg
「WIZ/OUT」の決定稿となる台本を自分で製本してみた。

僕はこういう作業をよくする。
勿論、自分のモチベーションを最大限に持っていく為。
気持ちから、気持ちから。

何事にも形から入るという人もいるだろう。
僕はそれでいいと思う。
結果続くかどうかは別として、それもいろいろやっていく楽しみの一つだと思うし。

今回においても僕は自分にとって、やりやすい環境というものを作っている。
神経をソリッドにするために食事の管理をしたり、ジムで身体を調整したり。
製本や髪型、衣装や小道具やスケジュール。
全てをだいたい一週間くらい前までにはキッチリとさせる。
そしてギリギリまで悩んで、考えて、追い込んで、そしてフラットに持っていく。
クランクイン直前なんかは、何もせずにブラブラしたりもする。

考えない事で流したくはなく、力んで現場に入るのはもっとマズイ。
だからなるべく精神的に安定した状態でいられるように、それまでは最大限の努力を僕は惜しまないつもりだ。

まあ、単に器用にできないだけなんですけどね。

それも毎回そういう風に出来る訳でもなく、忙しいスケジュールの合間では
「そんな事言ってられるかよ!」
という場合も多々ある。
何つったって、お仕事ですから。

でも最終的に僕はきっと、一つ一つ同じようにしていくんじゃないかな。
それが僕のリズムなんじゃないかな、と思う。

人にはそれぞれのリズムがあり、普段日常での自分のリズムはかなり早い。
僕の本当に好きなリズムで外に出ると、生きていけないんじゃないかと思うし(笑)。

つまりは人に合わせないでコミュニケーションすると、自分の頭の中で、原因~結果が出てしまい納得できたりしちゃうんですよね。
そして結果だけを口にすると、
「ハァ?」
と、なるわけです。
こんなとき、改めて説明するのは…。
ハイ、つまりはこれで不思議ちゃんの完成。
言葉が会話がないと、人とコミュニケーションを取る事は至難の業だ。

昔、香港に住んでいたとき、ずっと何も喋らずに生活していた。
頭の中だけで喋ってて。
日本に帰って喋ろうとするとアゴが痛いんですよ。
ずっと喋ってなかったから。
アハハハ。

いろいろな形はあるにせよ、裏と表は僕だけでなく、きっとみんなにもあるんだろうなって。
でも、そのリズムはきっと周りの人間は知らなくていいんだろう。

そのリズムは、その人だけに許された世界なんだと思うから。

心の奥にある場所、これだけは失くせないんだと思います。
by junkichi-no9 | 2005-09-09 00:24 | 役者日記
<< 飲めない、食えない、何会? 神の子vsパイオニア。 >>