人気ブログランキング |
「静かな生活」
e0000847_371819.jpg
作家、大江健三郎氏の同名小説を伊丹十三監督が映画化。
最も憧れる俳優さんの、渡部篤郎さんが障害を持つ青年を演じられています。
この作品には素敵なエピソードがありまして、たぶんVHSでもDVDでもメイキングがついてると思いますので、是非見てみて下さい。

精神の危機を感じて外国滞在を決意した作家の父に、妻が同行する。
残された3人の兄弟妹の日常。
脳に障害を持った長男のイーヨーは、"ある性的事件"に巻き込まれるが、女子大生の妹の機転でピンチを脱出、心の平穏が甦る。
家族の絆とはなんだろうか―。

こういうテーマ、僕は演じる事にたくさんの勇気がいると思います。
それは僕も渡部さんもおそらく、五体満足な身体の人間だからです。
これってシンプルだけど本当に難しい問題ですよね。
そのプレッシャーの中で、見事に主人公を演じきっています。
素晴らしい作品でした。
芝居を通して、伝える事っていっぱいできるんだなぁ、と。
感動しました。
by junkichi-no9 | 2005-07-01 03:17 | 映画
<< 「Focus」 映画。 >>