人気ブログランキング |
2010年 03月 25日 ( 1 )
アバター
話題の『アバター』、今更ながら周りの薦めも数多くあって、みんな口を揃えて…

『劇場で観なきゃイミがない!』

まあ、そりゃそうだよねと思い、急遽時間がポッカリ空いたのでシネチッタに駆け込んだらビンゴ!

待ち時間無しで即観れた。

ドラえもん以来だな3D映画…などと思いつつ、左右赤青じゃない3Dメガネに時代の進化を感じた。

前髪がセンサーに隠れると飛び出して来ないのね!?と思いつつ1人で音を出さないように本日初食事となるポップコーンをほおばる。

しかし飲み物にリアルゴールドがあるのには恐れ入った、疲れたカラダには丁度イイ、正に五臓六腑に染み渡る。

あ、もうコレ始まってんの!?という感じで予備知識ゼロの頭で観劇場開始。





…ものすげぇ、平成3D…いや、21世紀3D…。

ここまでくると、どうやって録っているんだろう?という愚問も出てこなくなっていい。


しかしファイナルファンタジーみたいな世界観ですね。


あ、こーいう話なのねと改めて物語を読み進む。

全身青い獣モチーフなキャラクターがキスシーンを演じている…

なかなか素直にはセクシャルに入って来ない…

やはり自分は同種がいいのだと再認識。

奥さんが地球人で良かった。



…あ、最近の疲労が蒸し返して来て、軽い眠気が…

多分1分ぐらいのうたた寝だったんだろうけど、大きい音で目を覚ますとデカい化け物が3Dで飛び出してきた!




『いっ!?』

パシャ!

ガタッ!

『ふ〜』

『!?』

『あー』



ビビってドリンクを少しこぼしてしまった…

さすが21世紀3D。

今後のホラー映画に大きく貢献しそうだね。


感想、ターミネーターシリーズからそうなんだけど、どうやら自分にはあまり相性が良くないようだ…。

内容と展開でもっと観たかったなぁ。


しかしスゴい、21世紀3D。

それも見終わる頃には当たり前に慣れてしまうが、観る価値はあった。

それにしても、スゴい21世紀3D。

この一言に尽きる。
by junkichi-no9 | 2010-03-25 13:01 | 映画