人気ブログランキング |
カテゴリ:スポーツ( 23 )
世界一の戦闘民族。
日本対クロアチア。

1対1。

よっしゃ、もうここまで来たらブラジルに勝つしかないね。
なんてドラマティックな展開!!

いつもそうやって奇跡を、神風を起こすのが日本だもんね。

昔、船で日本にやってきた外国人は、鉄砲のこの時代に、命を顧みず刀を振りかざし突っ込んでくる日本人を見てこう言ったそうな・・・。

「クレイジー・・・。」

そう、そんなクレイジー大和魂を持った戦闘民族、日本人は負けたりしないんだ!!(無責任発言)
by junkichi-no9 | 2006-06-19 01:46 | スポーツ
WCイングランドvsトリニダードドバコ。
e0000847_054566.jpg
顔はNGなので、とりあえず・・・。

当然、06年WC仕様のユニフォーム。

なんで長袖かって!?

ベッカムは子ども達が見るから、腕のタトゥーを隠す為にいつも長袖を着てプレーするからなのです!

でもランパードは半袖ですよ。

さあ、いよいよ優勝への道、第2戦。

燃えるぜ~!!!!
by junkichi-no9 | 2006-06-16 00:57 | スポーツ
対オーストラリア戦、撃沈。
今日は待望のWC初戦、日本vsオーストラリア。
僕らはミーティングとの事で事務所に集合。

すると、出てきたのはビールとソーセージ・・・。
どうやら事務所の中はドイツになってました。
e0000847_239856.jpg

今日はミーティングなのでは・・・とは言っても僕らも日本人!
当然、応援は白熱し、笑い、泣き叫び、恐怖の80分に・・・。

ジーザス。

全体的に惜しかったんですが。
茂庭選手においては、交代してまた引っ込めるなんて。
なんて効率の悪い・・・。

そうは言っても終わった事より明日に希望を!
とにかく次のクロアチア戦、絶対勝利を!!

ガンバローッ!!

・・・ところでミーティングは?
by junkichi-no9 | 2006-06-13 02:45 | スポーツ
2006年WC日本代表!
e0000847_0222569.jpg
イングランド代表に続き
日本代表です。

右の図は予想みたいです。

【GK】
1 楢崎正剛
12 土肥洋一
23 川口能活
【DF】
2 茂庭照幸
3 駒野友一
5 宮本恒靖
6 中田浩二
14 三都主アレサンドロ
19 坪井慶介
21 加地亮
22 中澤佑二
【MF】
4 遠藤保仁
7 中田英寿
8 小笠原満男
10 中村俊輔
15 福西崇史
17 稲本潤一
18 小野伸二
【FW】
9 高原直泰
11 巻誠一郎
13 柳沢敦
16 大黒将志
20 玉田圭司

このメンバーで本戦に望むワケですね。

やっぱり伸二と俊輔ですねー。
相変わらずヒデと宮本は安心できますね。
キーワードは中田浩二の起用法になるでしょう。
やっぱり日本はフラットスリーじゃないかなぁ~。

僕の理想

GK・楢崎
DF・宮本・中沢・浩二
DMF・遠藤・福西
OMF・ヒデ(トップ下)・俊輔(左)・伸二(中)・小笠原(右)
FW・高原

う~ん、頑張って欲しいです!!

ガンバレ日本!
by junkichi-no9 | 2006-06-06 17:46 | スポーツ
2006年WCイングランド代表!
今期で最後になるエリクソン監督によって、いよいよ発表されました!

【GK】
ロビンソン(トットナム)
ジェームズ(マンチェスターC)
ベン・フォスター(マンチェスター・U)
【DF】
G.ネビル(マンチェスターU)
キャンベル(アーセナル)
R.ファーディナンド(マンチェスターU)
テリー(チェルシー)
キャラガー(リバプール)
A.コール(アーセナル)
ブリッジ(フラム)
【MF】
ベッカム(レアル・マドリー)
ハーグリーヴス(バイエルン)
ジェラード(リバプール)
ランパード(チェルシー)
キャリック(トットナム)
J.コール(チェルシー)
ダウニング(ミドルズブラ)
ジーナス(トットナム)
レノン(トットナム)
【FW】
ルーニー(マンチェスターU)
オーウェン(ニューカッスル)
クラウチ(リバプール)
ウォルコット(アーセナル)

【リザーヴ】
カーソン(リバプール)
マイケル・ドーソン(トットナム)
レオコーカー(ウエストハム)
デフォー(トットナム)
ジョンソン(クリスタルパレス)

と、いう事でした今大会優勝候補のイングランド代表!!

闘将、黄金の右足、ベッカム。
いやぁ~、クラウチはかなりヤバイですね。
そしてトップ下のファンタジスタ、ジェラード復活!!
バルサに行くの?の、天才MFランパード。
ケガは平気か!?ルーニー。
他にも、オーウェン、ファーディナンドにコールとキャンベル。

ほんの少しの不安を残しつつ、トリプルライオン達の快進撃が見れる事でしょう。
それにしてもウォルコット、恐るべし・・・。

勿論、日本代表もガンバレ!!

ワールドカップまで、あと僅か!!!!
by junkichi-no9 | 2006-06-06 02:44 | スポーツ
夢をありがとう。
e0000847_4323626.jpg日本が世界一になった。

第1回WBCこと
ワールド・ベースボール・クラシック。

イチロー、MVPの松坂、上原、川崎
西岡、青木、多村、小笠原、今江
松中、里崎、渡辺、藤田、福留、谷繁
薮田、藤川、杉内、和田、大塚
そして王監督。

夢をありがとう。

トロフィーはアメリカ・ティファニー製だそうで。

今日は最高!!
by junkichi-no9 | 2006-03-22 04:30 | スポーツ
200安打達成!!
e0000847_37393.jpg
メジャーリーグの舞台で5年連続200本安打達成。

間違いなく世界最高レヴェルのステージで結果を出し続ける事。
イチロー選手、やっぱりアナタは天才です。
日本の誇りだ。
感動をありがとう。

ありがとう、ありがとう!!
by junkichi-no9 | 2005-10-04 03:09 | スポーツ
阪神タイガース優勝!!
e0000847_2247398.jpg

ねっ、やっぱり優勝しました!!
おめでとうございます、岡田監督。
見てるか親父!
今年は日本一になるよ!!

でもさ、川に飛び込んだり、タクシー乗っかるのはマズイよね。
気持ちは分かるけれども…。
by junkichi-no9 | 2005-09-30 22:52 | スポーツ
神の子vsパイオニア。
今日は締め切りの原稿をなんとか仕上げて、この前のスチールのセレクトをした。
もう頭はガンガンする中、なんとかやり切った。

意識が遠のく中、日本代表の前半戦の叩かれ具合に倒れそうになったが、なんとか後半巻き返し勝利で意識を繋ぎ止める。

でもあのメンバーで、この試合内容をと考えると、手放しに喜ぶ事もできない。
ヒデ、俊輔、高原、柳沢、浩二、稲本とほとんどのメンバーが召集されてました。

でもまだ後、1年ありますからね。
他の誰が何を言っても始まりません。
ここは今一度暖かい目で、ジーコ監督を信じて見守って行きましょう!


でも今日は頭痛が吹き飛ぶ出来事もありましたよ。

神の子KIDvsパイオニア宇野薫

なんだこのドリームカードは!!

グレイシーをワンパンチでKO勝利し、対する宇野選手との壮絶な戦い。
結果、ドクターストップでKIDの勝利でしたが、宇野の格闘センスとスピードとテクニック、キチンと魅せてもらいましたよ!!
最高だ!!!!

宇野のテクニックとKIDの野生がぶつかりました。
一発でブッ倒れるフックを振り回し、かつ寝技も強い、一見無敵のKIDも宇野選手の事を素晴らしい選手と言っていました。
KID選手がこんなコメントをするなんて、相手を認めた証ですよね。
やはり、あのリングというスクエアの中には、僕等一般人には分からない何かがあるんでしょうね。
殺す気で殴りあった後、笑顔で抱き合う選手達。
宇野選手は人間的にも素敵な方なんだと思いますね。
一度、プライベートでお見かけした事があるんですが、やっぱりオシャレな方でした。

トリックスターの須藤元気選手も決勝まで残り、いよいよ大晦日の代表が決まったワケです。
こっちも楽しみだ!
今年は熱い締めくくりになりそうです。

なにはともあれ、天才・神の子、山本KIDはやっぱり無敵だった。
おめでとうございます!
明日への力、しかと胸に焼き付けました。
もう一丁、頑張ります。
KID選手、ありがとうございました!!!!
by junkichi-no9 | 2005-09-07 23:33 | スポーツ
イングランド代表発表!!
2006年ワールドカップ予選のイングランド代表が決まった。

気になるメンバーは…。

オーウェン、ルーニー、デフォー…。
ジョーコール(ガスコイン)、キャリック、ランパード、ジェラード、ベッカム…。
ワーノック、アシュリーコール、キャラガー、ファーディナンド…。
ロビンソン、カークランド…。

これだけでも、早々たるメンバーだ!

ベッカムの憧れでもあった、ガスコインの再来と言われたジョー・コール。

前回怪我に泣いた天才、ジェラード。

そしてあのチェルシー不動のMF、ランパード。

みんな、頼むよ~!!!!


そして、お疲れ様、英雄スコールズ!
あなたのプレーは最高でした。
e0000847_1553953.jpg

マンチェスター・ユナイテッドの中心選手ポール・スコールズがイングランド代表を引退する。
クラブの公式サイト上でそう発表された。
スコールズはイングランド代表として66試合に出場し14ゴールを記録。
最後のゴールはクロアチアに4-2で勝ったユーロ2004(欧州選手権)の試合でのゴールとなった。

「簡単な選択ではなかった。ずっと前から考えていた。代表としてのキャリアを1997年にスタートして、7年間で素晴らしい経験を得た。最高の大会で、最高の選手たちや最高の監督たちと一緒にサッカーをすることができた」



今年のイングランドはきっとやってくれます。
by junkichi-no9 | 2005-09-02 01:21 | スポーツ